募金日記

自分のできる範囲で動物達の力になれることがあればやっていきたいです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
studio.kabuto様より、また猫ちゃん盗難&虐待のお知らせです。

東京都大田区や、八王子市で、ホームレスさんが飼っている猫や多頭数の捨てられた猫が頻度に盗難にあっているそうです。
周囲の環境や情報によると、一般の人が入れない状況であることから、業者の仕業だと断定しても過言ではないそうです。
お近くにお住まいの方は、不審な人を見たら特長などの情報をstudio.kabuto様まで、メールにてお知らせください。

また、東京都稲城市では、エアガンを用いて河川敷の猫を狙撃したり、簡易の猫ハウスにネズミ花火を放ったりを繰り返す3人の高校生が目撃されていますが、注意しても懲りないので、しかるべき対処をするための目撃証言を募っています。

付近の方は、不審な住人を見かけましたらぜひご一報をよろしくお願いいたします。
詳細は、上記サイト様の掲示板でご確認下さいませ。


猫の捕獲・・・避妊手術をして、新たな不幸な猫を増やさない為にとご活動されている方もいらっしゃるのですが、この場合は「盗難」のようですので、実験施設への売却や、アジアの毛皮産業への売却が心配されます。
中国などアジアの各地では、猫の毛皮をフォックスファーと称して売ることもあるそうです。
その多くは日本に輸入されてくるとのこと。
何度かブログでお伝えしておりますが、動物の毛皮を作る過程は決して安楽死ではありません。
catfur4.jpg
(毛皮を作る為に首を吊られて殺された猫:ヘルプアニマルズより)

ある意図を持って、猫ばかりを捕獲している人間には不気味さを感じます。
最後のクソガキ高校生も、もし付近で見かけた方はすぐに警察などにもご一報下さいますようお願いいたします。
スポンサーサイト
テーマ:動物愛護 - ジャンル:ペット
お休み中でしたが、「ほっとはあと・ぶろぐ」様より気になる記事を見つけましたのでご紹介いたします。

静岡市清水区の市道で第二ふたば保育園の園児らの列に車が突っ込み、37人が重軽傷を負ったという事故は、皆様もご記憶にあると思われますが、運転していた男性は「飛び出してきた猫を避けようとしてハンドルを切ったところ、勢い余って園児の列に突っ込んでしまった」と供述しているらしいのですが、それに関しての記事で、猫に餌付けをする人間が一方的に悪いかのような記事が朝日新聞に掲載されました。

元々は運転手が法定内のスピードで走行していればこのような惨事は起こらなかったのですが、「とにかく猫を増やした餌やりが悪い」と論点のすり替えがされており、餌やりさんの中には自費で猫の不妊手術を施し、後片づけをしながら、野良猫を減らす努力をしている人も多数いるのに、そのことについては触れられていない・・・など、とにかく猫を毛嫌いしている人間に一方的に肩入れした内容となっています。

もちろん事故に遭われた園児達や、猫を轢かないよう、とっさにハンドルを切った運転手の気遣いが仇になってしまった不幸な事故には哀悼の念を表しますが、元々は人間が無責任に捨てた猫から繁殖していった不幸な猫達であるのに、一義的な見地からの批判的な記事です。
皆様も朝日新聞社に抗議のメールを送って下さい!
私も後に送るつもりです。お願いいたします(>_<)

抗議ページはこちらです。
テーマ:動物愛護 - ジャンル:ペット
また試験のため、10日間ほど更新をお休みいたします(^0^)ノ
ファッション雑誌をパラパラとめくっていたら、例年のごとく「ラビットファー」だの「フォックス」だの、リアルファーを紹介する記事が。
去年までは何の気なしに眺めていたそれらの写真だが、真実を知ってしまった今では、人間のエゴで死んでいった動物達を思うと泣けてくる。
他にチェックしたい商品があったので、ページに折り目をつけておいても、そのリアルファー商品が目に入ってくるので、なるべく視界に入れないように避けています。見たくもない。

前も書きましたが、雑誌社はファッション業界から広告料を貰ってそれらの商品を掲載しているので、いくら抗議しても意味がないと思うんですよね。
では、これらを平気で着ながらバッチリポーズを決めているモデル達を見て平気でいられるかと言えば平気じゃないし・・・

ハッ、そうだモデル。

モデルに手紙書いてみようかな?これらの綺麗な毛皮がどのように作られているのかを知ったら、万が一にでも、リアルファーを着る仕事を拒否してくれるかも知れない。
モデルの中には、ペットを飼ってる人達も動物好きな人も何人かいるだろうし、共感してくれるかも・・・
押○もえや、蛯○友里といった、今をときめくモデル達に直に訴えてみるのはどうだろう。

しかし、その思いも瞬時に崩れ去った。
世界的にネームバリューがあるトップモデルならともかく、人気がいつまで続くかわからないモデルが仕事を拒否したら、それこそ死活問題ですし、自分のイメージを下げかねないですものね。
海外スターは、わりと自分のポリシーをはっきりと述べるのですが、日本はまだまだ保守的な国。
変な自己主張やポリシーなんか出そうものなら、たちまち干されてしまうんじゃないでしょうかね。

モデル達がたとえそういう毛皮の事実を知ったとしても、100万分の1の確立にでもお返事が来て「動物達の犠牲なくして私達の生活はありえません。真の動物愛護とは、人間が地球の環境を守りつつ、動物と共存していくことであり、死んでいった命に感謝することだと思います♪」なんて、どうでもいい返事かえされたら、返って虚しくなりますし(笑)。
まあ無視されるでしょうけど。

本当は、ああいう有名人が広告塔になって真実を伝えてくれたり、はっきり拒否する姿勢を見せてくれたなら、最も物欲が強くて、消費も激しい若い世代にもいちばんアピール力が強いと思うんですけどね。
なかなかそうはいきません。
テーマ:動物愛護 - ジャンル:ペット
ベジタリアン専門食材店「かるなぁ」さんより、早速注文していた商品が届きました(早い!)
karunaa.jpg

菜食ラーメン(しょうゆ&みそ)、ベジハンバーグ、ソイセージ、カツ、かつおなどのダシを使わない「こんぶつゆ」を頼みました。
ハンバーグやソーセージ、カツなどは全て大豆がベースになっていて、一切、お肉は使われてません。
でも、本物そっくりの見た目。さて、お味は・・・

まず、みそラーメンから。具はキャベツと長ネギです。
なぜか終始タケノコの味がしましたが、市販の味噌ラーメンとはちょっと違います。
市販の物が大好きな方には、ちょっとお好みの味じゃないかも知れませんが、動物が一切入ってないと思うとすごく美味しかったです。
ありがたくいただきました。


そして、大豆ハンバーグの方もトライしてみました。
食べてビックリ!本当に本物のハンバーグに近い味なんです。
食感は、本物の肉よりは柔らかく、噛んでると豆腐っぽい感じなのですが、大豆だけでここまで肉の味に近づけるとはお見事。


もし自分の子供が生まれたら、ベジタリアンとして育てたいと思っていたのですが、子供が大好きなハンバーグを食べられないのはちょっと可哀相とも迷っていました。
かといって、泣きながら死んでいった動物の死体を食べることは推奨できませんし・・・
しかし、この大豆ハンバーグで問題は解決できそうです♪

それから、ビーガンでもちゃんと成長するんですよね。
ジェニファー・コネリーもナタリー・ポートマンも、子供時代からビーガンらしいですが、立派に育っています。

このベジ専門店「かるなぁ」、15年も前から営業されているそうでさらに驚きでした。
これらのお料理を考えた方は本当に素晴らしい。
単価は決して安くないですが、ベジ生活も、幅が出て楽しめそうです。
本当にありがとう!
テーマ:動物愛護 - ジャンル:ペット
ニラを適当な長さに切り、小麦粉を生地として炒めたものです。
味付けは塩。焼きたてをいただくと、ニラの香ばしい香りがたまりません(^^)
こんなタッパーに入れたままで、美味しくなさそうに見えますがすみません(笑)
おつまみに良さそうですね。我が家では、たまにニラだけの「肉なし餃子」も作ります。

nira.jpg

テーマ:動物愛護 - ジャンル:ペット
プリングルスのポテトチップスで、動物性の物を使っていないとの情報を、珀さまよりいただき、早速どんなもんかとコンビニに買いに行きましたが、売り切れてました・・・残念!
つかね、うちの近くのコンビニって最近いつも品切れ続出なんですが・・・閉店するのか?不安だなー

potechi.jpg


で、買ってきたのがこちらの二点。やっぱ塩味のを一つ、のり塩を一つ。
他のピザ味やら、たこ焼き味やらは全てビーフエキスやチキンエキス混入です。

それから先ほど、ベジタリアンの方のブログを拝見していたら、ベジタリアン専門食材店かルなァを発見!
なんでも、大豆や小麦粉などから本物そっくりのハンバーグやトンカツまで製造しているそうで、早速面白そうでしたので注文しちゃいました♪
テレビ取材された際の、板東英二さんらのコメントも出てますのでご覧下さい。
「本物そっくりの肉の味だ!」って言ってます。

ベジタリアン用のラーメンもあるとのことで、かねがね食べてみたかったんですよ~。
クール便での送付なので、送料はちょっと高くついちゃいましたが・・・(><)

ベジタリアン生活は、決して経済的じゃないです。。
テーマ:動物愛護 - ジャンル:ペット
数日前に電話で問い合わせたロレアルの方から文書で返答がきました。
概要は

「1989年より、当社で動物実験を廃止しているのは事実だが、製品に使用される化学原料については、いまだ動物実験を必要としている」とのことでした。
ヨーロッパや各国の放棄で、化学原料メーカーは動物実験が義務づけられているからだそうです。
そして全ての化粧品会社は例外なく、この安全性テストを経た原料のみを使用することが定められているんだそうで、要は「化粧品会社」そのものは手を汚さずとも、それ以前の「原料の段階」ですでに動物実験が行われているとのこと。
なので、珀さまから寄せられた「ロレアルが実験を外部機関に委託していたようなレポート」も、つまりは「自社の商品を製造するにあたって、原料のテストサンプルが必要だった」ってことなんでしょうかね。

・・・なんか脱力しました。
あれほど色々検索して、動物実験を行っていない会社の商品をチョイスしていたのは何だったんだろうって感じです。
化粧品会社そのものは、大手を振って「我々は動物実験してませんよ」と言えても、その商品を作るための原料については全て実験が行われているなんて・・・
川上でやるか、下流の川下でやるかの違いだけじゃないですか。

じゃあ結局、どの化粧品会社も、マウスやラットその他の動物の苦痛なくしては製造できないってことなんですかね。
ロレアルは特に、人口で培養したヒトの皮膚を使用して実験も行われているとのことでしたので、期待したい気持ちもあったのですが・・・
「製品に関する動物実験は廃止することができた」と書かれてはいましたので、社内そのもので実験が行われていないぶん、まだマシだと妥協するしかないのか。

私が多大なる影響を受けた、動物実験反対サイト様の管理人さん達にも、その辺はどう考えていらっしゃるのか、お聞きしてみようかな。
もっと勉強しなくちゃ・・・。
テーマ:動物愛護 - ジャンル:ペット
市場に売られる毛皮が、どうやって作られているか(参照リンク:fur-free.com)を知ってしまい、その残酷さに驚愕しました。
そして早速、手持ちのワードローブのファーを調べてみました。
表示は「アクリル、ポリエステル」となっていましたので、ホッと安堵のため息!
( ̄ε ̄;)ーэ ふう。



昔は、「毛皮=金持ちのマダムがはおってるゴージャスなミンク」というイメージがあったと思いますが、今では数千円~1万円前後で安いラビットファーが買えます。
そのお手ごろ価格のラビットファー1着あたり、何十匹ものウサギを必要とします。
私はいつも、友人に「そんな安物買うなよ~」って言われるぐらい安い服しか買わないのですが、手持ちのファー服を調べた後では、自分の安物買いに感謝しました(笑)。

服だけでなく、マフラーやバッグや靴のワンポイント、ヘアアクセ、手袋などにもラビットファーは使われているので、お心当たりのある方はお調べになってみるといいでしょう。

毛皮反対派の人に対して、毛皮容認派は「地球環境の悪化から、自然素材である動物の毛皮の使用」を唱えますが、確かに環境は大切です。
しかし、動物好きな人間にとっては、「泣き叫ぶ動物達から無理矢理引き剥がした毛皮」なんて、ただ「痛々しいだけ」なんですよね。
使わなくて済むのなら、使いたくないですし、一刻も早く廃止してほしい。
それが10年後になるのか100年後になるのかわかりませんが、動物達にとってはただの悪夢、明日も明後日もないんです。
「毛皮ならではの本物の手触り」が重要だと言うのなら、さっさと動物にでも生まれ変わって、存分に本物の手触りを味わってくださいな・・・と思わず毒舌になってしまう( ̄ー ̄)

「本物の手触り」が素晴らしいのは当たり前。でもそれは、神様が動物のために与えてくれた物。
例えば、未来の地球がロボット人間に制覇されて、「人口の水晶体より、本物の水晶体の方が微妙な色彩も映し出せるから」という理由で、ロボットが人間の眼球を次々強奪していったらどう思うのか。
人間だけがこの地球の支配者でいられる確証なんて、遠い未来には根底から崩れ去っているかも知れません。

毛皮に反対することで、毛皮産業に携わる人々の職を奪ってしまうことになるということですが、あらゆる業界にだって消費者からのボイコット運動は起こりえる話ですし、お店だって客にとって魅力がなければ繁盛せずにつぶれます。
やはり動物達にとっては、人間の利益なんて関係のない話です・・・

ファッション雑誌をはじめ、ニッ○ンやイ○ージュといった通販雑誌すら様々なファー商品を取り扱っています。
カッコ良く着こなすモデルの横に、さも魅力的なキャッチコピーをつけて。
私も、ネットで毛皮の真実を知るまでは、それらのページをただ普通に眺めていました。
しかし、雑誌社はアパレル会社から莫大な広告料をもらって、それらの商品を掲載しているのですから、ファー商品だろうが残酷だろうが、ただ載せているだけなんですよね。ビジネスなんですから。
なので、いくら雑誌社に抗議の手紙を送ったりしても、この先もそれは改善されることはないと思います。

マスコミだけが情報ツールだった時代には、毛皮の裏舞台の悲惨さは、我々の見えない所にしかありませんでした。
過激な動物保護団体が、なぜプラカードを掲げてブティックに抗議するのかわかりませんでしたし、「営業妨害なのでは?」とさえ思っていました。
しかし利益が絡まないネット社会で、むき出しになった真実を知ることができた今、それらの全ての意味がわかりました。
気づき始めた消費者が、もうリアルファーを買うことがないように願いたいです。
「誰かが買えば買うほど」その需要に合わせて作られるのですから。

動物愛護の見地から、良質なフェイクファーを推奨しているブランド、カネカロンもあります。
テーマ:動物愛護 - ジャンル:ペット
動物性の原料は、お菓子にもたくさん使われています。
近くのディスカウントストアで、シュークリームのお徳用パックが売られていたので「ラッキー♪」と思って買ったものの、原料を事前にチェックしてなかった・・・
「魚油」と「豚」が入ってると書かれているではありませんか。

syuukuriimu.jpg
(画像をクリック)
え~っ!?シュークリームのどこに、魚と豚がいるの!?って思いません?(^^;
ベジタリアンでない男性(料理もしない)すら、「ケーキ類など甘い物には豚の脂が使われているんだよ」と知っていたのに・・・
ああ、無知って罪です。。
ラード(豚脂)が使われていることが多いそうで、ラードの代わりに植物油を原料としたショートニングを用いることもあるそうです。

あと、下の写真でチョコナッツのお菓子が写っていますが、こちらも原材料名に「ゼラチン」と書かれていました。


ゼラチンは主として牛骨および牛皮、豚皮を使っているそうで・・・本当に何も知らなかったんですね、私・・・恥ずかしい。
普段なにげに買っていた商品に、こんなにも動物が使われていたとは思いませんでした。

とりあえず購入してしまったので、食べ物を捨てるわけにもいかず、周りの人も食べないし、埋める所もないので、自分で食すことにしました。
ポテトチップ類は写真にあるように、もう「塩味」しか買えないですね。
他の種類のは、たいていビーフエキスなどが入っています。

いくら肉の形をしてないといえどもね・・・ここまで避け続けると、もう本当に精神世界の領域ですね。
自分の中の「こだわり」に突き動かされてやってます。
この前、友達とファーストフード店に入った時、メニューを見てもちっとも美味しそうだと思えませんでした。以前は大好きだったのに。
どんな思いで動物達が死んでいったかを考えると・・・
一度、知ってしまった以上は忘れないようにしたい。

問題は、お菓子が気軽に買えなくなったことですが(笑)
テーマ:動物愛護 - ジャンル:ペット
ロレアルに、動物実験の件についてメールで問い合わせしても返事がもらえなかったので、お客様相談室に電話して聞いてみたら、「こちらではお答えでませんので、後日、担当部署より郵送でご返答します」との答えでした。

またうやむやの、なしのつぶてでドロンされそうな予感がしたので、「本当にお答えしていただけますか?」と念を押したら、受付のお姉さんは早く電話を切りたそうに「それはもちろん、お答えします。ご住所を教えていただけますでしょうか」と言ってきました。
一瞬でクレーマー認定されちゃったみたいです(苦笑)。

「動物実験・・・」と、こちらが切り出した途端に「それはこちらではお答えできませんので」と即答されたので、かなり同様のお問い合わせが他にもあるのかな?と思いました。
ネット社会になったからこその、人々の動物実験への関心度を伺わせます。
私も、他でもないネットがあってこそ知り得た事実でしたからね。

一応、今週中に返事を送ってくれるとのことですが、ちゃんと送られてくることを祈ります。
テーマ:動物愛護 - ジャンル:ペット
syokuji


居酒屋にて。

・サラダ(小松菜と三つ葉?と、みかんと海老が入ってました。海老は連れに食べてもらいました。アレルギー持ちでもあるので・・・)
・ポテトフライ

店内で料理の写真撮るのって、かなり勇気いる~!
個室になってたからまだいいけど、「カシャッ」とか大きなシャッターの音なるし、連れには「何で写真なんか撮ってるの?」とか不審がられるし。
手をつける前に撮らなきゃいけないので、その間待たせてしまうと相手にも悪いしね。
で、なんとか撮ってきたのがこの2枚です・・・他には、オム焼きそばと刺身、鶏肉のソテーなどを頼みました。
刺身と鶏肉は、連れが食べました。

ブログで毎回のよううに、外食時の写真載せてる人ってホントすごいわ。
テーマ:動物愛護 - ジャンル:ペット
ベジタリアンって、お肉食べないから貧血気味になるんじゃないの!?と思う人も多いでしょうが、ご心配するなかれ。
プルーンという自然の恵みで、レバー肉を食べなくとも貧血知らずです。


というか、肉食の頃の私は、肉を食べているにもかかわらず、しょっちゅう立ちくらみしてました。
しかし、今はプルーンさえ食べていれば全くそんなことはありません。
私の場合は、一日2コ食べてれば大丈夫です。
肉の代わりになれる栄養素なんてたくさんあります。

いろいろ追求しだすと、最近では虫も殺せなくなってきましたね。。
以前までは、飛んでる小バエなんてすぐ手でバシンと叩きつぶしていたのですが、今では「一寸の虫にも五分の魂」なんて言葉がよぎって放置しています。

しかし、ゴキちゃんや小バエちゃんと同居していて平気な人間もそういないわけで、見つけたらベランダに逃がすようにはしています。
でも、その前にうちのハンター猫が、猫パンチでヤってしまってることも^^;
テーマ:動物愛護 - ジャンル:ペット
うどんでした。
具は、ゆで卵、キャベツ、麩、わかめ、ネギです。
だしは醤油に塩。麺類大好きなので、飽きませんね~



テーマ:動物愛護 - ジャンル:ペット
ペペロンチーノでした。
パスタの中でも、一番大好きです。ペペロンチーノ。
唐辛子にオリーブオイル、塩で味付けしただけの質素なパスタですが、このピリ辛感がたまらない。
パスタソースは、市販の物(S&B)をいつも使ってます。

テーマ:動物愛護 - ジャンル:ペット
ちふれの化粧水、ふきとり用化粧水、洗顔フォームを買ってきました。
「ちふれ」は、動物実験をしていないメーカーで、リーズナブルなお値段も嬉しいのです(^0^)
まだ洗顔フォームしか使ってませんが、なかなかいいんじゃないでしょうか。
ふきとり用化粧水は、肌に浮き出た皮脂を拭き取るため。
かなりTゾーンが脂っぽくなるタイプなので、必須アイテムです。


テーマ:動物愛護 - ジャンル:ペット
せっかくなので、ベジタリアンの食生活(粗食w)を気が向いた時にアップしていこうと思います。
完全なビーガン(卵も乳製品もシャットアウト)じゃないので、そっちを目指している方にはあまり参考にならないかも知れませんが、一応肉と魚を排除した食生活とはこんなもんです。

11.3

ニラ玉のチャーハン(油揚げも入ってます)、おみそ汁(具は厚揚げ豆腐、卵、ネギ)、サラダ(トマト、レタス、チーズ)
使える具材が限られているので、汁物とメインディッシュとかぶっている具や、似たような具材が今後も多々出てくるでしょうが、食にこだわりがないので、あまり気になりません(笑)。
テーマ:動物愛護 - ジャンル:ペット
ジェニファー・ロペス VS ポール・マッカートニー妻(BARKS)

ポール・マッカートニーの妻で現在、動物愛護運動家として活動するへザー・ミルズ・マッカートニーが、毛皮反対を訴えジェニファー・ロペスのNYのオフィスを訪問。警備員に追い出され、義足が外れかけるというハプニングが起きた。へザーは'93年、交通事故で片足を失って以来、義足を付けている。

ジェニファー・ロペスは、自身のファッション・ブランドSweet Faceで本物の毛皮を使用。へザーはこれに抗議し、皮を剥ぐため動物が殺されるところを撮影したDVDをロペスへ届けにきた。しかしながら、彼女はその場にいた警備員から「ここから失せろ、招かれざる客だ」とまくし追い立てられ、膝から下の義足が外れかけたという。

目撃者のカメラマンは英タブロイド紙にこう話している。「(へザーは)膝を触って痛がってたよ。足をひきずってトイレに向かったら、鍵がかかってた。でも警備員が鍵を外すのを拒否したから、彼女は階段の踊場で義足を付け直さなきゃならなかったんだ」

へザーが支援する動物保護団体People For The Ethical Treatmentのスポークスマンは、ロペスがターゲットとなった理由をこう説明している。「J-Loは最近のインタヴューで“毛皮について誰かわたしを教育したいなら、そうしなさい”って話しています。だから、へザーはそうしたのです。我々は何年もかけて、J-Loを説得しようとしてきました。最初は優しく穏やかに。そして、いまはこのように」

このハプニングに懲りることのないへザーは「次は、彼女(ロペス)がどこに住んでいるかを突き止め、そこを訪ねるわ。それにプレミアでも彼女を捕まえるつもりよ」と意気込んでいる。(BARKSより引用)


まったくねえ・・・動物愛護家の主張は、とかく「過激だ」とか「妄想狂だ」とか言われがちですが、こうでもして誰かが立ち上がらないと、動物達の犠牲は減らないですし。
まあ今回の騒動はロペス本人の対応じゃなくて、警備員が悪いんでしょうけど。

以前にもロペスに動物愛護団体が直訴する騒ぎがあり、彼女のプロモーション・イベントに現れて動物から毛皮をはくビデオを流すなどしたらしいのですが、こちらもロペスは無視。
今度は、出演したラジオ番組の司会者に「キツネが毛をはがされる際には生きたまま剥がれ、チンチラの場合は感電死させる」といった詳細を聞かされてロペスは絶句したらしいのですが、それは「毛皮が作られる工程を知って愕然とした」わけではなく、「答えを用意してなかったから」言葉に詰まっただけにすぎなかったとか。
詳細の記事はこちら

これだけの情報を聞き、ビデオを流されても、なおも何も感じずに毛皮ブランドを続行し続けていられる人がいるとは本当に不思議。
日本の神田うのも、「動物愛護団体が毛皮に抗議していたのは100年も前の話。これからはリアルファーの時代よ」などと言いながら、自分のプロデュースしているブランドをアピールしていたらしいのですが。
どんなにキレイでお金を持っていたとしても・・・愛とか優しさを感じないセレブには憧れません。

彼女たちは、ステーキやハンバーガーを食べるのと同じで、動物達から毛皮を剥ぐことも「人間にとって必要なこと」と思っているかも知れませんが・・・何も感じない人は、とことん何も考えないままなのかなと思います。
それはもう、他人がどうこう言って直せるものじゃないのかな。
動物達にとっては、たまった話じゃないですけどね。

動物愛護団体petaが、ロペスバッシングのために立ち上げたサイトです。
テーマ:動物愛護 - ジャンル:ペット
シンガーのブライアン・アダムスの、ベジタリアン精神に関するインタビュー記事を見つけました。
ブライアンは、武道館での来日コンサートも行ったことがありますが、本当に素晴らしい歌声なんです(^^)
あのハスキーヴォイスのバラードを生で聴かされた日には・・・感涙ものでした。

そのブライアンですが、ツアーの時も、専用のシェフを同行してビーガン食を作ってもらってるそうです。
肉のみならず、卵も牛乳も、動物由来の食品は一切摂らないという徹底したビーガンだそうで、その意志の強さには揺るぎないものを感じます。

このインタビュー、読んでいくととても面白い。
ブライアンといえば、世界的に有名シンガーで、当然莫大なお金を稼いでいると思うのですが、「毎日、新鮮な野菜と果物を買っていると、後でレシートを見てびっくりするよ。果物って、こんなに高かったんだ!ってね。」なんて庶民的なコメントもあったりして・・・
お金はたくさんあるのに、自らのスピリッドゆえの質素な食生活。なんかいいなあ。
確かに、食べられる物が限定されてくると経済面もちょっぴり融通がきかなくなります。
今までスーパーのワゴンで安売りされていた商品ですら、原材料名を見て肉由来の成分が入っていると買えなくなったりしますからね~

海外では、ベジタリアン用の食品には「動物由来成分排除」とラベルに記載があるといいますし、動物実験をしていないシャンプーや化粧品にも、ラベルに明記されているといいます。
また、多くの海外スターも毛皮から実験動物から、食肉にいたるまで一貫して反対声明を出しています。
petaの記事より。無料翻訳ツールなどでお読み下さい。)

が、日本で「ベジタリアン」なんて言おうものなら、「変な宗教にかぶれてるのか?」とか奇異な目で見られがちですものね(^^;
ベジタリアン生活に転向された方々の手記(”菜食のススメ”様より)
テーマ:動物愛護 - ジャンル:ペット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。