募金日記

自分のできる範囲で動物達の力になれることがあればやっていきたいです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パリス・ヒルトン、ダサい友達はいらない!


先日、デビューアルバム「PARIS」のプロモーションで来日したパリス・ヒルトン。その私生活は常にパパラッチの標的となり、友人の裏切りによる暴露も後を絶たない。そんな経験を踏まえてか、パリスには友人選びの際に気をつけていることがあるのだとか。「洋服を選ぶときに、ダサいのとオシャレな服を2つ選ぶの。それで『友達』に聞くのよ。『どっちがいい?』って。それでダサい方を選んだ人とは関係を絶つのよ」と語っている。ところでパリスには、本当の友達は何人いるんだろう?(eiga.com - 08月30日より)



正直、この人のキャラはあんまり知らなくて(オバカなリッチブロンド娘だと思ってたぐらい)、いつもトロンと半開きの目がエロイな~、誰かと張り合おうとかギラギラしてなさそうな所が、生まれながらの金持ちの余裕を感じるわ、とか思っていたのですが、最近来日してた際の映像を見てビックリ。

取材陣からもらったキティちゃんのぬいぐるみを「さんきゅう~」と全然嬉しくなさそうなフテくされた声で吐き捨て、包み紙は叩きつけるように投げ捨てた。
または、ファンとの集いでの記念ショットを取る際にもフテくされた顔で思いっきり溜息。
その際、パリスがボソッと「so hot(クソ暑いのよね)」と、つぶやいた瞬間がバッチリ報道されちゃってました。

ええー!?やっぱ、ゴージャスお嬢様は、わがままが定番なのか?と驚きましたが、同性とエッチするぐらいの変わった人ですから、やっぱブッ飛んでるんでしょうね。
世界のセレブともなれば、行きすぎた発言もまた良し、かな?

「ダサイ友達、ブスやデブな友達はいらない」って、私のかつての知り合いにもそんな女がいたなー。
友達はアクセサリーじゃないっていうの。

でも、服のセンスにしても、感性が合わない友達と無理に一緒にいることはないのだから、パリスはパリスなりに、付き合う人間を考えてるのかもね。

ところで、アメリカン・ベガニズムさんというサイトで、有名セレブ達が動物愛護についてのコメントを表明してるのですが、今回のパリスたんもやってくれちゃってます。

「抜粋」(ポール・マッカートニー元妻に屠殺の映像を見せられて) 「ゾッとしたわ!もう毛皮は絶対着ないわ。お肉だってもうあれ以来食べてないわよ。」(7/9)(www.entertainmentwise.com/news?id=19507)


果たして、彼女の決意がいつまで維持できるか?について、メディアでは冷やかしの声もあるようですが、もし上記が本当だとしたら、素晴らしいことです。
恵まれたセレブでも、動物を愛する心は忘れないでほしいな。
スポンサーサイト
最近リアルで知り合った方とmixiの話題になり、すでにブログを二つとホームページまで持ってる私としては、全く更新してないmixiのアカウントを持っていたことをすっかり忘れていたのですが、最近久々にログインしてみました。

で、せっかくなので少しはミクシィ活用してみようかとコミュニティにいくつか新入会し、マイミクに何人かご登録させていただいたのですが、その中のお一人の、動物系ブログに先日コメントさせていただいたら、他の人へのレスはあるのに私のコメントだけ全く無視(シカト)されていました。

何か気に障ることでも書いてしまったかな?と思い、すぐにお詫びと確認のコメントを再度入れてみたら、ID拒否?で書き込めなくなっていました。
結構ショック・・・ こんなことされたの初めてです。

私はその方の神経を逆撫でするような反論コメントを書いたわけではないですし(むしろ同調するような内容)、無視されたり拒否られたりする理由も自分では、思い当たりません。
何か不満があるのでしたら、いきなり無視や拒否でなく、きちんと言葉に出して言って欲しい。
それまで普通にやり取りしていたのに・・・

それならこちらも、今後の対処の仕方もありますし、どの部分で詫びればいいのかがわかるというものですが・・・
いきなりぶしつけに荒らしたわけではないですし、私との思想の違いだとしても、問答無用の無視や拒否って意味がわかりません。
まあ単純にそこまで嫌われてるのなら、それはそれで仕方ないんですが。

そういうことされるぐらいでしたら、私からマイミク申請した時も、無理しないで断ってもらって構わなかったんですけどね(--;)
tounyuu.jpg


豆乳ショコラケーキだって。
マツキヨで会計待ちの時、レジの所の置いてあったのでつい買ってしまいました。

甘くて、食感はサクサクしててなかなか美味しかったです。
女性ホルモンの活性化に、豆乳はいいっていいますからね♪
豆乳でバストアップをはかろうとしたこともありますが、全く効果無しでした
(--;)
しかし、アンチエイジングのためにも女性ホルモンを活性化させることは良いことです。

話は変わりまして、過去の記事でちょっと感情的に書きすぎてるなあと思う記事を、いくつか非公開にいたしました。
動物の命を軽視する奴は許さない、といえどもこれじゃアンチ動物愛護者と変わらないなぁと思うぐらい、私も攻撃的になってる部分がございまして・・・
ちょっと冷静になってから、まとめ直したいと思います。
せっかくコメントを寄せてくださった方々には、大変申し訳ないです。
ちゃんと、非公開で保存してありますので、何卒ご容赦下さいませ(><)
テーマ:マクロビオティック - ジャンル:ヘルス・ダイエット
面白い雲を発見しました。
猫の形みたいに見えません?

catcloud1.jpg


(図解)
catcloud.jpg


ところで、猫殺しを堂々とカミングアウトした作家なる人がいるみたいですが・・・
こちら
怒りが込み上げてくると共に、そんな不健全な記事を載せてしまう新聞にも問題を感じます。
この作家、その内、家に火でもつけられるんじゃないかと恐ろしいことを考えてしまう。
昔、女性週刊誌に「我が家に忍び込む野良猫の足を植木ばさみで切り落とすおじいさん」の話が出ていたのですが、やはり掲載と同時にかなりの反響で、罵詈雑言の手紙や電話は勿論のこと、いたずらで消防車まで呼ばれたそうですから。

この作家も、公でこんな発言をするぐらいだから、ある程度のことは覚悟してるのかも知れませんが・・・
それにしても、猫を飼っていながら「社会の害悪になるから」と仔猫を叩き落として殺すっていう神経がまるでわからない。
こういう人には、猫なんか飼ってほしくない。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。