募金日記

自分のできる範囲で動物達の力になれることがあればやっていきたいです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【フィリピン】牛丼大食い競争、吉野家が販売拡大狙う

牛丼チェーンの吉野家が、販売促進活動の一環として、大食い競争を実施している。参加者は国内5つの店鋪で毎日行われている予選を勝ち抜き、来月末に大型ショッピングモールで開催される優勝賞金5万ペソをかけた決勝大会にのぞむ。

 フィリピンの店鋪運営を手掛ける吉野家センチュリー・パシフィックのレストラン・マネジャー、ジュリエテス・クルス氏は26日、NNAの取材に応じ、国内の5つの店鋪で今月18日から来月23日まで毎日予選を実施し各店鋪で週ごとに1人づつ勝者を選出した上で、来月28日にマニラ首都圏マンダルヨン市のSMメガモールで開催される決勝大会で優勝者を決定すると説明した。上位3人にはそれぞれ5万ペソ、3万ペソ、1万ペソの賞金が与えられる。
 
 ルールは、20分間で何杯の並盛り牛丼を平らげられるか。NNAの調べでは、第1週目(1月18~20日)の記録はSMメガモール店で6.15杯、マカティ市のパークスクエア1店で5.3杯となっている。参加費は1回につき150ペソで、18歳以上であれば誰でも何回でも挑戦できる。
 
 クルス氏は、競合各社との競争が激化している状況を認めた上で、初めての試みとなる今回の催しを販売拡大につなげたい意向を見せ、多くの人が参加することへの期待を示し「日本人も歓迎する」と述べている。



商売販促のための牛丼の大食い・・・
牛が屠殺前に涙を流す写真を見てベジタリアンになった私としては、なんともやりきれない思いです。
こんな人間の食道楽イベントのために、涙を流して死んでいったんじゃないよね。

大体、肉に限らずとも「大食い大会」っていう番組自体に疑問を感じる今日この頃です。
世界には飢えで死んでいく人々が大勢います。
なのに、ただひたすら「胃にどれだけ食べ物を詰め込めるか」で競い合うだけの企画。
食べ物の無駄使い以外の何ものでもないのでは?
広告効果を狙うなら、他の手段を考えてほしいです。

お正月には、さんまさんの番組だったか、「あなたの夢を叶えます」っていう企画で、「自らクレープの中に巻かれて、ひたすらクレープを食べ尽くしたい!!」っていう女子高生の願いをスタッフが本当に叶えてしまいました。

女子高生二人をスッポリくるんでしまうクレープなんですから、もちろん材料もハンパじゃありません。
卵数百個、小麦粉数十キロ、牛乳ン百リットル・・・とか、とてつもない単位だったと記憶しています。

できあがったクレープにその女子高生たちは、全身タイツ姿で巻かれながら、おいしそうにムシャムシャ食べていましたが・・・
その子達がクレープの中に入っちゃってるんだから、不衛生ですし他の人が食べられないと思うのですが。
抗議の電話が来たら「スタッフがちゃんと平らげましたから」って言うのかしら?
アフリカに行ってクレープ作って、子供達に配るとかいう企画なら素敵なんですけどね~。

聞いた話によると、ドッキリ番組でのパイ投げなど、食べ物を粗末にしていると思われる企画にはクレームがつくため、以後テレビでそれをやる際に、パイ投げのパイは「シェービングクリームです」って説明するようになったとか?
もっと食べ物のありがたみを考えてほしいです。

ちなみに「家畜一頭を育てるのに消費される穀物の量」は、
出荷時の体重で 牛(700kg) 豚(100kg) 鶏(2,8kg)

そして「1kg体重を増やすために必要な穀物の量」
牛(10kg) 豚(4kg) 鶏(2kg)

「出荷時点での穀物消費量」
牛(7000kg) 豚(400kg) 鶏(5,6kg)

これらの穀物で、どれだけの飢餓難民を救えるでしょうか。
畜産動物をなぜ自然の牧草で育てないかというと、出荷されるまでの基準体重が規定に達するためには、穀物でないと時間が二倍かかってしまうからなのだそうです。
(牧草で育てた場合は約4年、穀物で育てた場合は約2年)

そうなると、畜産業界にとっては時間とコストの無駄ですので、効率のいい穀物で育てているというわけです。
つまり、先進国の人間が肉を消費すればするほど、その穀物は飢えた人々に行き届かずに家畜の餌となってしまうのです。

あらゆる命の無駄を考えても、肉を減らすことの有意義さ、そして大食い大会という企画の無意味さがわかります。
スポンサーサイト
漫画家であり、手作りビーズのネットショップも運営されていらっしゃる「るん」さんのサイトをご紹介します。


とても可愛いビーズストラップやネックレスがお手頃価格、そしてローズクォーツやラピスなどの天然石の素材も販売されているのが嬉しい。
ローズクォーツなどの天然石には、恋愛運をアップさせるおまじない効果もあります
そして、自分の誕生石を身に着けていると、幸せになれるという言い伝えもありますね。

「猫のバザール」さんのビーズ作品の売り上げは全て、PGキャットマートさんを通じて、全国の猫ボランティア活動をされていらっしゃる方々へ送られます。
主な内容は毎月2箇所へ、フリスキー6袋入りを2箱ずつ送るという物と、その月にあった様々な事件などへのカンパだそうです。


実は私・・・、運勢がどん底の時、よく雑誌の広告などに出ている「身に着けるだけで幸運が舞い込むブレスレット」を購入したことがあります
(-_-;)
その広告には「このブレスレットを手にしてからというもの、宝くじや競馬でボロ儲け!映画のオーディションにも合格した!素敵な恋人ができた!」なんて、胡散臭くも美味しい売り文句が書かれていたのですが、あまりに現実が辛過ぎて、ついそのブレスレットを買ってしまったのです(苦笑)

「これで少しは運勢も上向きになるかな?」とドキドキながらそれを身に付け出したのですが、パッとした幸運もないどころか、上司には怒鳴られるし、帰りの駅では乗り越しでもないのに改札を通れなかったり、まるでいいことはありませんでした。

結局、そのブレスレットをつけている事自体が不吉な感じがして、返品してしまいましたが(効果がなければお金は返金しますとあったので、一応お金は戻ってきましたが)、普通に考えたら、「身に着けるだけでお金もガッポリ、いい仕事にも人間関係にも恵まれた」なんて魔法のブレスレットがあるはずがありません

いやはや・・・ 若かりし日の失敗談を恥を忍んで告白しましたが、自分の私利私欲だけを追及しようとしても、安易に幸せなんてやって来ないものです。
だから、そのブレスレットをつけていると変なことばかり起こったのかな?

その頃は、募金やボランティア、捨て猫にも興味がなかったので(動物たちが悲惨な思いで生きているという、知識がありませんでした)、自分以外の他者に無償で何かを施すという考えが浮かびませんでした。

でもそれから長い月日が経ち・・・
偶然かも知れませんが、こちらの猫のバザールさんで誕生石のストラップを購入したところ、なぜかいいことばかり立て続けに起こったのです!!
当時の記事はこちら
仕事も学業も、人間関係にも恋人にも恵まれて、ついには念願の結婚に至りました。

運勢のそういうバイオリズムと、たまたま合致しただけとも考えられますが、やはり管理人るんさんの「猫を救いたい」という邪気のないボランティア精神と、私もそれに協力させていただきたいっていう思いが、良い形となって返ってきたのではないかと考えています。

私利私欲だけを追求した願い事なんかダメです。
かといって、「ボランティアをしたら、いいことあるのかな!?」なんて下心を持ちながらでもダメです(笑
自分が本当に「無償で力になってあげたいもの」、世界の飢えている子供でも動物でも、何か一つでも自分の心動かすものがあれば、あなたの優しさを分けてあげて下さい。

その気持ちは、いつか形を変えて必ずあなたの元に戻ってきます。
皆様もぜひ、「猫のバザール」さん、覗いてみて下さいね。
PETSY'S ACTION CENTERさんより、署名のお願いの記事を拝見しましたので、こちらでもご紹介させていただきたいと思います。

フィリピンの犬肉が、不当な方法で売買されているそうで、その罰則強化の為の署名をpetitton site.comさんで募られています。

フィリピンの伝統文化として、家の中で悪いことがおきると、犬の肉を生贄として食べ、その犬の魂が人々を守ると信じられてきました。
しかし、そのような伝統儀式からはかけ離れ、次第に商用産業として犬の虐殺は発展し、一年で50万匹以上もの犬が殺されていったそうです。
大部分のフィリピン人が犬の虐殺を嫌って犬肉を食べないそうですが、バギオ市などの内外地域で、まだ犬の虐殺は後を絶たないそうです。

1998年のフィリピンの動物福祉法改正案では、家畜や宗教的な目的のため以外での動物の殺戮を禁止しましたが、その罰則が軽いこと、商業的な犬肉取引のための直接的な禁止令がないことや、警察当局の贈収賄などで、その法律は残念ながら生かされていないもようです。
犬肉のトレーダーと警官との間で、贈収賄のやり取りがあり、双方に安定収入をもたらすので、法の目をかいくぐっています。

petitoin site.comでは、2007年の4月30日までに犬肉売買の罰則強化の為の5万人分の署名を確保することを目的としているそうです。
集まった署名は、2007年5月の国会に送付されることになっています。
国際的な注目がフィリピン政府に寄せられていることを知れば、フィリピンの犬肉売買について、政府も検討し直してくれるかも知れません。
現在、世界中から3000人以上の署名が集まっています。

dogs_1.jpg
死を待つだけの犬達

dogs_2.jpg
ギュウギュウ詰めにされて


(ご署名の方法)
こちらのページの「sign this photition!」からご自分の名前をローマ字で署名していただき、
(署名者の名前が表記されますので、それを避けたい方は”Anonymous”にチェックを入れます)
そして”sign now!”をクリックし、名(first name)と氏(last name)を記入の上、Eメールアドレスとお住まいの都市(city)、郵便番号(zip code)と国名(country)を入力し、「preview」→「Add My Signature」で送信します。
下行二段は、「どの政党を支持しますか?」と「子供はいますか?」との問いですので自由回答でいいみたいです。

言ってしまえば、この犬達に限らずに普通の家畜の牛や鶏、豚などの家畜も同じような扱いなんですけどね・・・
少しでもできることから・・・
大阪市ブリーダー崩壊 245頭の犬達を救って

大阪府内でブリーダーが崩壊し、245頭の子達が行き場を失いました。
繁殖場の電気は料金滞納で止められていました。
設備上、電気が止まると水も出ない構造になっていて、水も出ない日々が続いたらしく、フードも毎日与えられておらず、2~3日に一度という与えられ方だった為、現場の子達はかなり飢えていました。

しかし、フードの1日の消費量は約80KG、そのフードもあと数日分しか無いという事だったので、動物レスキューのwan lifeさんで確保してあるフード約200KGを持って行き飢えの急場はしのぎました。
電気代金もwan lifeのスタッフさんの自腹にて支払いしていただきました。

緊急にて、フードや支援金の募集を募られていましたが、フードの方はたくさんのご支援により、1月10日付けの日記では当面の分は確保されたそうです(しかし、wan lifeさんでは、他の様々な現場にも支援を行われているため、そちらの物資として今後使われることも出てきます)

今後の犬達の様子や、wan lifeさんへのご支援など、ご注目いただきたいサイト様です。

DSC010082.jpg
夫用のベジタリアン弁当です。
(肉、魚は使用していませんが、卵は使っていますのでご了承を)

将来のために貯金すべく、節約に励むことにしました。
節約といえば、まずお弁当ですよね。
でも皆さんは、アクセス募金の方は今まで通り参加していただいて全然構いませんからね!(笑
そこは無理のないようにやっておりますので、ご安心を

いんげんと小麦粉の卵とじ、真ん中にある細長くてショボイのは、しいたけの甘煮(お弁当箱が深いので、こういう詰め方になっちゃいました
じゃがいもの塩茹で(実際はレンジで柔らかくしたものに塩をふったもの・笑)、
プチトマト、おにぎりです。

夫も私の影響で肉を食べるのをやめたので、毎日の食事作りは本当に楽です。
それぞれのメニューを変えなくて良いので・・・
もともと肉はそれほど好きではなかったそうですが、野菜中心の食生活になってからは胃がもたれず、体が健康になったとのこと。
そして何より、実験動物や畜産動物、毛皮にされる動物たちの姿をネットで見てから「肉を食べる気にならなくなった」とのこと。
決して強制したわけでもないのに、今では「また何か情報があったら、もっと見せてね」って私に言ってくれまして・・・
まさか自分に一番近しい人物が、animal activistになってくれるとは感謝感激です。

それにしても、私は一人暮らしの時は「守銭奴か!」と思うほど節約してましたからね~。
家の中でもコート着てエアコン代を節約したり、トイレの水は数回に一度だけ流すようにしたり(^^;
それでもオシャレはしたいので、雑誌の「着まわしコーディネート」をよく参考にして、安い服で変化を持たせてましたし、ちょっとしたヘアカラーやパーマなんかは自分でやってました。
給料はそれぞれの支出を決めて袋分けし、家計簿もきっちりつけて。

もちろん、そんな生活は楽しいはずがなく、その後実家に戻って生活していましたが、その時の苦労や知恵が結婚した今、役に立ってるようですね。



(LOVE&PEACE様作成のページより引用させていただきました)

この猫達は、あるご夫妻が保護し、飼育されていた猫達です。
夫婦が自宅に猫を入れ続けたきっかけは、行き場の無い猫達を可哀想に思っての善意の心からでしたが、全頭に繁殖制限の手術をされなかったために、猫達は繁殖を繰り返し、その数100匹以上に増えてしまいました。
何ら解決策が講じられないまま、世話も行き届かず、猫も人も、不衛生な環境下での暮らしを続けた末に、飼い主夫婦が抱える諸問題から生活破綻を招き、100匹の猫ともども自宅を明け渡さなくてはならなくなりました。
100匹もの頭数の猫達を抱え、飼い主自身の生活も困窮している現状では、本人による問題解決は到底不可能です。



love&peaceさんとしましては、飼い主さんの”「自分の事が世間にどう思われようと、この子達が幸せになる事が出来るのならば」と、自分の恥をさらしてでもという覚悟の言葉を聞き、意を決してこの猫達の救出に踏み切ることにしました”とのことです。

元々は善意で始められたはずの猫達の保護。
繁殖制限のための手術も、諸事情からか滞ってしまったようですが、飼い主さんもせめてもの猫の幸せを考えての今回の決断、緊急に救いの手を求められています。

里親さん・一時預かりさん募集はもちろんのこと、不足物資や医療費のカンパを募られています。
どうか皆様の温かい手をお貸しくださいませんか。
最近、細木和子さんの番組にKEIKOさんが出演していた時のことなんですが、小室哲哉さんが肉も魚も食べないそうで、KEIKOさんがお料理には苦労されているというようなお話をしていました。

えっ、小室さんってベジタリアンだったの!?
ちょっとびっくり。


ところで、今年の干支の猪ですが、猪=獰猛であるという認識を多くの方はお持ちじゃないでしょうか。
以下の記事によると、

イノシシ:誤解だらけの実像は? 突進はパニック時のみ


猪に詳しい茨城県つくば市の中央農業総合研究センター上席研究員、仲谷淳さん(51)は「世間でイメージされている猪と実物にはかなり違いがあります」と指摘する。キバの形状がその一つ。猪は冬眠中のカエルなども食べる雑食性だが、基本は草食だ。勇ましくキバが前を向いているのは間違いで、後ろ向きが正しい。またキバが長いのはオスで、キバの立派な猪の乳を子が吸っているような図柄も誤りだ。

 行動も実情とは異なる。猛スピードで突進するのは人や犬に襲われ、パニックになって逃げる時ぐらい。「人間が猪を見るのは主に狩猟の時だから、そんなイメージが定着したのでは」という。(「毎日新聞より引用」)



だそうです。
イノシシって、すごい勢いでドドドと走ってくるイメージでしたから、ちょっぴり怖いイメージでしたよね。

イノシシは、普段は森や里山に住んでいるそうですが、人里へ降りてきて田畑を食い荒らすなどの被害も報告されているらしいです。
元々は、農地拡大のためにその居住地を追いやられてしまったイノシシですが、食べ物が手に入りやすい人里へ降りてきてしまうと、その後の運命は捕獲・駆除という結末です。

いつもおいしい野菜を作って下さる農家の人々には本当に感謝の嵐ですが、農地拡大で自然を縮小していき、野生動物の居場所をいただいているのも我々人間です。

人里へ降りてきてしまう熊の被害を食い止めるために、全国からドングリを募った「くまさんにドングリプレゼント」っていう企画もあったそうですが、イノシシにも何かできないかな・・・と考えたりしました。
テーマ:動物愛護 - ジャンル:ペット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。