募金日記

自分のできる範囲で動物達の力になれることがあればやっていきたいです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
獣害防止へ 頼モーしい2頭 舞鶴の牧場組合、牛を放牧

イノシシやサルなどによる農作物被害が深刻化している京都府舞鶴市西屋、河辺中両地区で、農地と山林の間に牛を放牧し、人と野生動物とのバッファーゾーン(緩衝地帯)をつくる試みがこのほど始まった。

 京丹後市丹後町の府畜産技術センター碇高原牧場から借り受けた2頭の雌牛が、愛嬌(あいきょう)たっぷりの振る舞いで元気に草をはんでいる。

 両地区ではサルに野菜や米を食べられ、イノシシに棚田のあぜをつぶされるなど、年々被害が増えている。「何とか現状を変えたい」と、全戸約50戸でかわべ牧場組合を結成。すでに放牧を始めている綾部市鍛治屋町を視察し、舞鶴市の「人と野生鳥獣の共生の村づくり事業」の一環で、今年からの実施を決めた。

担い手のない山際の休耕地を柵で囲み、2・7ヘクタールの放牧場を整備。19日に2頭を迎え入れ、公募で「はな」と「もも」と名付けた。

同組合の志楽光男さん(64)は「常に寝とるか草を食べとるかどちらかで、おとなしいけど頼もしい」と喜び、「獣害は近隣他集落にとっても深刻な悩み。良い効果が出て、この取り組みが一帯に広がるきっかけになれたらうれしい」と話している。(京都新聞より引用)



サルもイノシシも可愛いけど、実際に目の前で暴れられたら怖いんでしょうね(--;)
二頭ともすばしっこい動物だからなー。

よくテレビで見かけるようなおサルさん被害によるニュース。
観光客のバッグをひったくって中の食べ物を奪い取ったりするらしいですが、おサルさんは頭が良くて、弱そうな女性やお年寄りしかターゲットにしないとか。

しかし、むやみやたらに「捕獲!駆除!」となるより、こうして牛を放牧することで農作物の被害が食い止められればいい案件かなあとも思います。
サルやイノシシは、人間は怖くないけど、牛には脅威を感じるんでしょうかね。
その代わり、サルやイノシシが飢え死にする可能性が出てきますが・・・
野生動物と人間の共存って、実際問題、本当に難しいですね

ちなみに、この二頭の牛は、お役が済んだらやっぱりステーキになるのかしら・・・
スポンサーサイト
夫の実家の某県に行ってきました。

東京より西に位置しているので、単純に「東京よりは暖かいだろうな~」と予測していたのが甘かった!
東京よりはるかに寒くて、もうすっかり緑だけの葉桜になってしまった都内の桜とは反対に、まだまだ咲き誇っている桜並木を見ることができました。
sakura.jpg
夫の実家の近所の公園。
さすがに、北海道や軽井沢といった「観光名所」と名高い場所ではないせいか、観光客はまばらで、出店も↑ご覧の通り。


shika.jpg
園内のヤギさんとツーショット。
すごく人馴れしてて、人間が近くに寄っても全然怖がりませんでした。

私たちは去年の11月に入籍したのですが、実は今回初めて夫の両親や兄弟達と初顔合わせなのです。
(まとまった休暇が取れなかったため)
今回は、夫の父が体調を崩したために急遽、予定外の帰郷となりました。
義母は、息子の嫁が来てくれたことに大変喜んで下さったようで、私も非常に嬉しくなりましたが・・・

義父を見舞った後での病院にて。
夜間フライトでバタバタと慌しく到着した私達夫婦に、義母が「弁当買っておいたから食べなさい」と渡してくれたお弁当を、夫が「こんなにいらないよ」と言って断ったのですが、義母も義兄夫婦も「だって、二人ともお腹すいてるでしょ!?」と当然ながら心配して・・・
しかし、その後の夫の一言が非常にヤバイ。

「こいつ、肉も魚も食わねえから二人でこんなに弁当食えないよ」




・・・ばかやろう~~ 余計なこと言うんじゃねえ( ̄□ ̄∥)(私の心の声)

義母は、引きつったような困った笑顔で「じゃあ・・・うちの冷蔵庫に色々、入ってるから自分達で食べれる物を、好きに食べるといいわよ。焼き魚はダメでも、シーチキンは食べれるかしら?」なんて言ってくれたのですが、私はいたたまれなくなって、その場で夫に「そんなこと言わなくていいのに!」と言ってしまいました。
そしたら夫は、もじょもじょと焦りながら「あっ、彼女アレルギー持ちだから・・・」なんて弁解してましたが、もう遅いねん。

ベジタリアンはこうして、人に余計な気を使わせることもわかっていますし、私はそれが嫌なので、夫には以前より「出された物は魚介類以外(アレルギー持ちなので)は何でも食べるから、ご家族の前で私がベジタリアンだなんて、いちいち言わなくていいよ」と言ってあるんですが、忘れっぽい夫なので、うっかり天真爛漫に口を滑らせたみたいであほんだらめ

だってねえ・・・「肉も魚も食べない」なんて嫁、お母さんだったら「息子にはちゃんと食べさせてるのかしら?栄養は大丈夫なのかしら!?」と心配になるのが普通じゃないかと思いますよね(--;)
そこら辺で、変な心配をかけてしまうのも嫌でしたし、「偏食でわがままな嫁、いったい毎日、何食べてるのかしら!?」なんて思われそうで。
いくら私がベジになった理由が、動物愛護、環境保護、栄養面などいろんな理由からだとしても、そんなことは押し付けにならないよう、本当に興味を持って聞いてきてくれる人だけにしか話すつもりはなかったのです。

幸いにも義母は優しい人で、滞在中は本当によくして下さったのですが、やはり嫁の立場で、あれこれ気を使わせるのは肩身が狭いなあ。
ベジはやっぱ、よっぽどの関係の相手でないとカミングアウトできません。

furoshiki.jpg
義母はアクセサリーや風呂敷、財布などを色々と出してきて譲ってくれました。
初顔合わせの時には、髪をもうちっと黒く染めて行くつもりだったのに・・・(^^;
急でしたので、間に合いませんでした。
ケバい嫁と思われたかな~
(ちなみに、この地方では私ほどの茶髪はいなく、田舎では派手過ぎるのかどこに行ってもジロジロ見られました・笑)
3月17日に目標額達成した「ニャクセス募金」ですが、福岡・動物たちの幸せを呼びかける会さんの方に、3月27日、寄付させていただきました。
報告ページ、明細などはこちら
皆様のご協力を感謝いたします。

こちらの会では、動物達を保護できる施設の建設を目標とされています。
現在は、隣の声さえ筒抜けの賃貸住宅の1世帯を借りて、そこで40頭あまりもの動物を保護されている状態だそうです。
いつ追い出されてもおかしくない状況の中で頑張っていらっしゃいます。

まずは立派な施設でなくともいいから、土地にプレハブ、または古家つきの土地を購入し、ダニ疥癬など病気の子たちも保護できるような小さな施設を作りたいと考えておられるそうです。
その資金として、2500万円を目標とされていて、皆様からのご寄付を募られています。
現在、300万超の寄付金が貯蓄できているようで、1000万ぐらいになったら、安い施設を持つことができるように早急に施設を探し始めるそうです。

隣の声さえ筒抜けの、賃貸物件での保護活動・・・
かなり苦情なども出ていることが予想されます。
動物たちのためにも、会で頑張っていらっしゃる方々のためにも、いち早く適切な施設を建ててあげたいです。
テーマ:動物愛護 - ジャンル:ペット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。