募金日記

自分のできる範囲で動物達の力になれることがあればやっていきたいです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カナダのアザラシ漁反対のための署名サイトがあります。
ウェブ署名と、署名用紙による方法のどちらも取れますので、お知り合いの方などにもご協力してもらってもよいでしょう。
このサイト、読み進めていくと、アザラシの殺され方はやはり苦痛に満ちたもののようです。
ぜひご覧下さい。

ただ、ウェブでの署名というのに果たしてどれほどの効力があるのかといつも悩みます。
私も署名ページを作ろうとしたことがあったのですが、署名する人の直筆の本名と住所がないと無効だという話を聞いたからです。
外国の場合はどうなのかわかりませんが・・・ウェブだと、一人でいくつもの投票ができちゃいますからね。


ところで、「菜食のススメ」様からのメールマガジンで、いちご牛乳や苺のお菓子に使われている天然着色料に「コチニール」という赤い色素が使われており、それがサボテンなどに寄生する「エンジ虫」という毛虫だということを知りました。
以前も、どこかでこのお話は聞いたことがあるのですが、私が聞いたのはテントウ虫だったような・・・

で、この着色料は医学的な毒性実験も充分に行われていなく、有害な化学物質で溶かされ、製品化されているそうです。
今まで普通にイチゴ牛乳や、苺チョコレートを普通に食べたり飲んだりしてきましたが、特に体調は悪くなったことはありません。
けど・・・毛虫を口に入れるのって何か抵抗ありますよね(^0^;)
もちろん、毛虫さんだって望まず犠牲になってしまったわけですし、忌み嫌うことはしたくないのですが、やはり虫を食する習慣を持ってこなかった一日本人としては、今後は苺製品はちょっと口にできないかもな~

有害な化学物質の毒性実験も行われていないとなると、消費者がもし訴えたら実験を義務づけられることになり、それはまた動物実験されるわけでしょ?
それもまた何だか・・・化粧品や医薬品に限らず、我々の生活にはどれほどの動物実験の影があるんだろうと思うと気が遠くなります。
こういった天然着色料でないもの、つまり合成着色料の危険性は更にいろいろと言われてますしね。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。