募金日記

自分のできる範囲で動物達の力になれることがあればやっていきたいです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なんと驚くことに、民家(仙台市)に飼い主に捨てられた150頭の犬と、12匹の猫が居着き、周辺住民から泣き声や匂いの点で苦情が出ていたとのこと。
こちら

衛生状態は悪くなる一方、縄張り争いで死んでいく犬達も出始め、獣医さんのご協力のもとに犬達の去勢手術が始まったそうです。
しかしその間にも、新たに100頭(!)の子犬は生まれ、その里親募集もスタートしました。
子犬の里親さんは何とか見つかったそうですが、成犬は警戒心が強いため、150頭中20頭のみが里親さんに引き取られたそうです。
現在は、庭の清掃から飼育環境の整備など、全てボランティアさんの手で施され、今もその民家には100頭の犬、12匹の猫が暮らしています。
人間の身勝手で捨てられてしまった彼らが少しでも快適に過ごせるよう、そして最終的には幸せなご家庭で暮らせることを願い、今後も長期に渡る活動を続けて行かれるとのことです。
ボランティアやフード、カンパの募集をされています。
街頭での募金活動もまめに行われていて、次回は4月9日だそうです。

それにしても150頭の犬と12匹の猫・・・最初に捨てられた数匹からどんどん増えていってしまったんでしょうか・・・
捨てたら無限に増えていくだけで、その子達は何の罪もないのに人間達から疎ましがられて(住宅地にフンをするなどの理由で)、時には水を浴びせかけられたり虐待されたり、保健所に通報されて殺されたり、さんざんな思いを味合わなくてはいけないのに。
(決してここの地域の方が虐待をされているというわけではございませんが、時折どこかで起こる事例として)

もう絶対、増やしてはいけないですよね・・・最初から繁殖を食い止める以外に、不幸を断ち切る道はありません。

話は変わり、動物ボランティアのバザー用にと考えていたマフラーですが、やっぱ自分用になりました(笑)
編み目がガタガタでキレイじゃないもんで
ピンクだと顔周りが明るくなって気に入ってます。
もうそろそろ季節的に使えなくなりますが・・・
mafuraa.jpg

スポンサーサイト
テーマ:☆動物愛護☆ - ジャンル:ペット
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。