募金日記

自分のできる範囲で動物達の力になれることがあればやっていきたいです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[モスクワ 15日 ロイター] ロシアの首都モスクワで15日、年に一度の「豚のオリンピック」が開幕した。大会出場のためにウクライナや南アフリカなど、7カ国から多くの豚が集まった。
 大会初日に行われたのは「ピッグレース」「ピッグスイミング」「ピッグボール」の3種目で、ゼッケンを付けた12匹の豚が出場。数百人の観客の目を楽しませた。
 競技結果は賭けの対象となっており、観戦に来ていたロシア自由民主党のウラジミール・ジリノフスキー党首は、ピッグレースで100ルーブル(約430円)を賭けた。 
 同党首はロイターに対し、自分は大の豚好きで、子供の頃に4─5匹の豚を飼っていたと述べた。



可愛い豚の写真はこちら(ロイターより)

も~ゼッケンつけちゃって、超可愛すぎです!!
こんなの見たら、絶対、豚肉なんか食べられないわ~(^ー^)

日本でも、ミニブタが数年前にペットブームになりましたよね。
泣き声をあげないので、一人暮らしの女性にも最適・・・なんて雑誌には紹介されていましたが、一人暮らしの部屋でペットを飼うのは少し可哀想かも。
だって、飼い主が帰ってくる間、ずっと独りぼっちなんだもん・・・

私も以前は一人暮らしで、今の猫を飼っていましたが、遅い帰宅の際にはいつも玄関で待っててくれて、「遅いよ!待ちくたびれたよ!」と言わんばかりにニャンニャン鳴いてお出迎えしてくれました。
それを見る度に、胸が締め付けられて・・・
人間だったら、ネットしたりテレビ見たりと時間がつぶせますが、動物にとっての無人の個室での一日は、どんなに長いことだろう。
その頃は、パソコンも持っていませんでしたので、里親募集の子を引き取るとかいう考えもありませんでした。
せめてもう一匹、相性のいい猫がいたら、真っ暗な部屋で独りぼっちなんて寂しさは免れたかも知れませんが・・・
スポンサーサイト
はじめまして
はじめまして、miyoと申します。

何ですか~!このカワイイ豚さん達♪
みんな個性があってたまりませんね。(*≧m≦*)ププッ

ちょっと前からお邪魔して見させて頂いておりました。
本館もブログ別館もどれも私のツボだらけで楽しませて貰ってます。

>「遅いよ!待ちくたびれたよ!」と言わんばかりにニャンニャン鳴いてお出迎えしてくれました。
それを見る度に、胸が締め付けられて・・・

ものすごく分かります。
私もそんな態度がきっかけで家族を増やしましたんで。
2ニャンの間は仲良くしてくれてたんですが…
新たに美人メス猫が入って来てからは、どうもダメです…(-"-;)
寒い冬だけはみんなで猫団子してますが、夏はバラバラに散らばってますよ。
飼い主の心、子知らずって感じですね。ヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ


2006/04/18(火) 18:39:39 | |miyo #[ 編集]

miyoさん、はじめまして♪

>ちょっと前からお邪魔して見させて頂いておりました。
>本館もブログ別館もどれも私のツボだらけで楽しませて貰ってます。

きゃ~嬉しいです!大した記事はなくて恐縮なのですがv-356

先ほど、ブログの方にもお邪魔させていただきましたが、miyoさんもベジ仲間ということで、またまた嬉しいです。
以前、「菜食のススメ」さんの「ベジタリアンになったきっかけ」というページで、miyoさんのコメントに見覚えがありましたので、「あ~、あの方か」とピンと来ちゃいました^^
また、後でじっくりブログ読ませて頂きたいと思います。

やっぱ、猫には猫仲間がいた方が心強いのかなぁと思ってしまいますよね。
特に、一人暮らしの部屋で動物は、あまりにも酷ですね(T_T)
miyoさんの所では、美人猫さんが入ってきてから、バラバラになっちゃったんですか!?
やっぱ美人だから嫉妬・・・なんて思っちゃいました(^0^?)
でも、冬だけでも猫団子とは少しホッとしますね。
猫は元々、集団行動でありながら個人主義な所もあるので、兄弟でもない限りは、少しぐらいドライなのが普通なのかなぁ?
でも、親心としては、やはり仲良くしてもらいたいものですよね。
今後もよろしくお願いいたします(^^)
2006/04/18(火) 22:00:04 | |momofukurou #[ 編集]

ワタシも1人暮らしでワンコを飼っているので、いつも寂しい思いをさせているなぁ・・と思ってます(特に2交代で夜勤があったりするので、ホント・・)
子供の様に1部屋をまるまる使ってもらってますが、それでもすることがなくて、さみしいですよね・・。
家に帰ったら、散歩したり、話しかけたりといろいろやってます。せめてものつぐない?で・・
2006/04/18(火) 23:02:20 | |御文 #[ 編集]

記事には関係ないんですが、とあるメーカーさんからうれしいお手紙いただきました。
なぜか・・ワタシのブログを知ったそうで(ま、内容みたらわかるよね~・・電話問い合わせしてすぐに記事にしたから・・だけど)、そのことにたいしてのコメント、また、いろんな動物実験反対サイトやブログをごらんになったようです。

1つ1つの積み重ねですが、企業さんに自分たちの気持ちなどを切実に訴えていくってことは、難しいけど、こうやってカタチになると、これから頑張って行こうって思いますね。
2006/04/18(火) 23:06:31 | |御文 #[ 編集]

御文さんって、一人暮らしだったのですか!?
看護士さんは、夜勤と昼勤とで、時間が不規則なので、なおさらワンちゃんのことは心配ですよね。
携帯カメラで、自宅のペットの様子を中継したり、遠隔操作で話しかけてあげられるシステムなんかもあるみたいですね。
私は、当初は二人暮らし(笑)で、私がずっと家にいたので猫を飼い始めましたが、私が働きに出るようになったら、その間はずっと独りぼっちにさせてしまうので、切なかったです。
そして私が引っ越すことになり、猫を引き取ったのですが、毎日10時間近く留守にしているわけですから、本当に可哀想でしたね。
私も、せめてものつぐないで遊んであげたりしましたが、飲み会などで遅くなった日には、疲れて寝る→翌日はまた早くから出勤、となり、またまた寂しい思いをさせてしまうことになり・・・
今は、常時家に誰かがいる生活なので、私の気持ち的には少しホッとしていますが・・・

それから、ハイネリーさんの記事拝見しました。
とても誠実そうな印象で好感が持てますね!
しかも、企業さん自らがご連絡してくるなんて・・・自社のポリシーに忠実であられる証拠でしょうね。
こんな会社ばかりだといいのに。
私などより、ずっと行動的な御文さんのブログは、私もいつも本当に感服と尊敬の念でいっぱいです。
2006/04/19(水) 12:03:38 | |momofukurou #[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。