募金日記

自分のできる範囲で動物達の力になれることがあればやっていきたいです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本館HPの方で実施しているニャクセス募金(指定のページにアクセスするだけで無料で動物保護募金ができるシステム)が昨日9月10日、目標額に達成しました。
ご協力誠にありがとうございました。近日中に募金いたします。

ニャクセス募金と引き換えに、猫まんま募金がスタートしましたので、そちらの方もよろしくお願いいたします。

ところで、映画「トゥ・ブラザーズ」のDVDを見ました。


ジャングルの中で悠々と暮らしていたトラのファミリーが人間の手によって殺され、二匹の兄弟トラは引き裂かれてしまう・・・
後に、二匹の兄弟は運命のいたずらで皮肉な再会を迎えますが、人間を振り切って自由を目指した彼らは、ジャングルの奥へと逃げ込みます。

ジャングルの奥で、少年ラウールがトラのサンガに言った「もう人間のいる里に戻ってきちゃダメだよ」のセリフに涙(T_T)

そして映画の中のお話だけにとどまらない、トラの乱獲の実態。
詳細はこちら

ワシントン条約で禁止されているにもかかわらず、毛皮や虎骨(漢方薬として使用)が高額で取引されています。
かつてはアジアに広く分布していた野生のトラも、この100年間で95%も減ってしまい、現在では約5,000頭が点々と分布しているに過ぎないそうです。
生息地の破壊やかつてのスポーツハンティングも一因ですが、1990年代に入ってからは虎骨を漢方薬に使うことを目的とした 密猟が主な原因となっています。
インドでは1日1頭のペースでトラが殺されているそうです。

トラ保護基金では、ロシアやインドなどトラの生息地で密猟パトロールなど、トラの保護活動をしている保護区のレンジャーやNGOに活動資金を助成しています。

子トラコース 2,000円、親トラコース 5,000円、トラ守り手コース 20,000円 の3つのコースから寄付できます。
寄付金は、現地のパトロール隊の車や薬などのための装備や活動資金に使用されます。
(パトロール隊は、現地の密猟者と激しい銃撃戦になることもあるそう)
上記のサイトには、他にもゾウ基金などがあります。

トラなどネコ科動物については、海外のクリック募金サイトもあります。
トラ、ジャガー、ユキヒョウの顔のどれかをクリックすると、ネコ科動物の住環境保護のための寄付金となります(あなたに代わってスポンサー企業が寄付するので、金銭的負担はありません)。
スポンサーサイト
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。