募金日記

自分のできる範囲で動物達の力になれることがあればやっていきたいです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
よくファッション誌などで、「安物が許されるのは若いうちまで。それなりに年齢を重ねた大人なら、高価で良質な物を持ちましょう」と書いてありますよね。

ある雑誌では、スタイリストさんだかが「全てをブランド物で統一しろとまでは言わないけど、いい大人が靴やバッグまで安物なんてどうかと思う」とハッキリ述べておりました。

また、私の「元」友人は、「若いうちは、肌も綺麗だし”若い”ということだけで武器になるけれど、肌も衰えてきだしたら、着る物や宝飾品でハクをつけるしかない」と言っておりました。

年を重ねるごとにハクをつけるどころか、上記の真逆をいってる私には、どうもその感覚がしっくりこないみたいです(笑)

若い頃は、そりゃー雑誌に載ってるブランドバッグやブランド時計、アクセに目の色変えてましたよ。
しかし、今では余分なお金があれば動物のために寄付することを考えていますし、服だってチープで可愛い商品を物色するのが楽しかったりする
(^m^;)
雑誌を参考にいろいろコーディネートして楽しんでます。
将来のために貯金もしたいしなあ・・・
別にそれが正しいとか美徳だ、って言ってるわけじゃありませんが。

何より、動物が随所で我々人間のために辛い思いを強いられていることを知ってからは、食べることにも着ることにも欲がなくなりました。
それにまず、動物に苦痛を与えないために自分の選択肢に「制限がかけられてしまった」ということもあります。

「毛皮を買わない」「動物実験をしているメーカーの商品は買わない」って人は多いと思いますが、ブランドバッグなんかはどうしてるんだろう?
もはやブランドに興味のなくなった私でも、たまに可愛いなと思うデザインの財布やバッグがあります。
サマンサタバサのバッグとか、すごくラブリーで可愛くて欲しいなと思うのですが、持ち手の部分なんか動物の革が使われてるのがほとんどですよね。
財布だって同じ。牛革やワニ革、羊革が使われてるのがほとんどです。

なので、必然的にブランド品は避ける=安上がりな女になってく私ですが、今の彼に「お前ってほんとに金のかからない女で、質素だよな」と珍しがられています(笑)
ブランド物に興味のない女って、やっぱ珍しいのかな。

おかげで、友達づきあいも変わりましたけどね。
以前の友人は、年を重ねるごとに「セレブ志向」になっていったのに対して、私は「倹約家、動物愛護家」に転向。
しかもそれが学生時代からの親友ときたもんだから、感性がずれ始めた頃は寂しかったです。
しかし、それでも彼女と寄り合わせるために、一生懸命雑誌を読んでブランド品の話についていこうと思いましたが、内心はちっとも楽しくなくて。
それは本当の自分じゃないわけですし、彼女は彼女で、安物しか持たない人への偏見や見下しを露骨に態度に出すようになりました。
もう、そこまで感性がすれ違い始めたら「友達」とは言えませんよね。


話は戻りまして、気に入ったデザインのバッグや靴、財布などに動物の皮が使われていたとしたら、どうします?
買うのやめますか?
また、動物の皮で作られたブランド品は持っていますか?
ブランド品は、ほとんどリアル・アニマル素材ですよね。
そして次に、冒頭で書いたような「年を重ねるごとに高価な物を持つべし」と一部で言われていることについて。
どなたかご意見を聞かせていただけましたら幸いです。

ちなみに、皮革製品は毛皮製品のような残虐な方法で皮を剥ぎ取るのではなく、食用になる動物の余った皮を使っているとのことなので、毛皮や動物実験に反対の人でも、皮革製品は使うって人が多いのかな。
(食用になる動物も決して安楽死ではありませんが)

私は肉食もやめたので、いくらバッグなどで「持ち手の部分のみ」に動物の皮が使われているとしても、何か動物への裏切り行為な気がして、買うのをためらっています。

まあ、その製品を買わなきゃ自分の命にかかわることでもないですしね。
スポンサーサイト

私もバッグはナイロン製のやつとか布地のもので今は対応してますが、困るのが靴です。
もともと、ハンマートゥなもので、皮革製で足に馴染んでも痛いので、合皮の伸びない靴は履けませんでした。
でも、肉食をやめ革製品すべての購入をやめ、今履いている本皮の靴が残ったときは困りましたね^^;
それからは、日々ネットや大量に品数の有るデパート系で探しまくりましたが履き易いものはなかなか見つからず・・・幸いにも夏がきたので、履き易いナイロン製のサンダルを見つけしのいで来ました。
先日、急に冷え込んだ朝、さすがにサンダルで通勤する訳にもいかず、まだ捨ててなかった牛皮の靴を履こうかと思いましたが、、、結局履けなかったので、夏はいつも生足だったのにストッキングを履き、サンダルで行きました。
結局、やわらかい合成皮革スムースというのを通販で見つけて履いています。本皮とほぼ同じに足に馴染んでくれています。私はWiseは2Eなんですが、そこだと3-4Eまで選べるので助かってます^^いや、何よりそれを履くことの安心感が勝っているのかもしれません。

「自分の選択肢に制限がかけられた」って本当ですね。
でも、私も望んでかけたことなので頑張れそうです。
ひとつだけ、母に誕生日にもらったお財布だけは捨てずに仕舞っておこうと思います。革製品ですが、プレゼントしてくれた気持ちは残しておこうかと・・・

そうそう、昔、20代頃の話ですが、私は通販の1980円のものを着てたりしてても、「それどこのショップ(ブランド)?」とよく聞かれました。
とあるアパレルショップの販売を数年やっていたのですが、スーツで8万前後のショップでしたが、安い給料ですし、社販だって下代相当の30%OFF程度なのでそんなに買えませんでした。
でも、そこで着方でどうにでもなることを覚えました。今でも、背筋を伸ばしていればそう言われる事もありますし(減りましたが(笑))、ようは内面的に、自分自身が歳を取らなければいいのかもしれませんね^^
桃ふくろうさんも、その優しい気持ちと、毅然とした態度・信念があれば、自然とそれが外に滲み出るものだと思います。その姿は、年齢に侵されずステキなままでいられると思いますよ^^
2006/09/21(木) 23:40:55 | |ままむんば #[ 編集]

ままむんばさん

そうか~!靴は合皮だと伸びなくて痛いのですね。
私も、以前は安っぽく見えるのを恐れて、多少値段が張ろうともブーツなどは必ず牛皮の物を選んでいましたが、今では牛皮製品のコーナーは
避けています。
まあ、それならまだ心理的な問題なので回避できるのですが、肉体的に苦痛となると、深刻な問題ですよね・・・
しかし、結局まだ捨ててなかった牛皮のサンダルを履くことができなかったという、ままむんばさんの優しさに、私も嬉しい想いです♪
やはり、「それを使用しないこと」で、後ろめたさを感じずに済みますし
自分の心は騙せませんから、動物たちを裏切っていないという安心感もありますしね。

ほんと、制限はいろいろかけられていますが、私も自ら望んだことなので苦痛ではないです。
お母様からいただいた革のお財布は、持ってらしてもいいと思いますヨ
(^。^)
それは「お気持ち」ですからね・・・

通販の1980円の服でも、「どこのブランド?」と聞かれることがあったのですか!(^^)
きっと素敵な着こなしをされていたんでしょうね。
確かに、着る人の品格とか着こなしなどによっても、見え方は全然違いますよね。
卑屈な気持ちで足を引きずったような姿勢で、だらしなく着ればやはり安物に見えますし、逆に、ブランドを持ってるからといって、人を見下してばかりいるような人がいくらゴージャスな格好をしていたからといって、それはそれでちっともカッコ良くないですし。
見る人は見ています。

>桃ふくろうさんも、その優しい気持ちと、毅然とした態度・信念があれば、自然とそれが外に滲み出るものだと思います。その姿は、年齢に侵されずステキなままでいられると思いますよ^^

きゃ~! ありがとうございます(*^0^*)
そのような、ままむんばさんの考え方こそ真のセレブ臭を感じちゃいます。
ちょっと表現が大げさかも知れませんが・・・いや、本当に(照^^;)

お互い、今のポリシーやスタイルを保ち続けていたいですね。
ブランドよりも大切なこと、楽しいことがありますからi-185
お答えありがとうございました。参考になりました。
2006/09/22(金) 00:18:49 | |桃ふくろう #[ 編集]
ファッション
>安物が許されるのは若いうちまで。それなりに年齢を重ねた大人なら、高価で良質な物を持ちましょう
よく見かけるフレーズですよね。
大人の女はそれなりに経済力もついてくるので、ファッション業界もそこを狙ってるんでしょうか。(良いもの着てなきゃ恥ずかしいよ~的に)
昔は洋服ってかおしゃれ全般にお金使いまくってました。
今は、全身で一万円いかないこともしばしばです。(* ̄m ̄)プッ
関ジャニの曲に「∞SAKAおばちゃんROCK」って歌のセリフに
「これ いくらやったと思う?」ってあるんです。
高く見えそうな物をどれだけ安く買ったかを自慢する大阪のオバちゃんを表してるんですが、私も知らず知らずこの領域に居ることに気付かされました。(笑)

>気に入ったデザインのバッグや靴、財布などに動物の皮が使われていたとしたら、どうします? 買うのやめますか?
はい。やめます。
また、動物の皮で作られたブランド品は持っていますか?
持っています。毛皮はアニマルライツセンターに送りました。
牛皮は、一生大切に扱おうと思ってます。
私の答えはこんな感じですが、色々あるでしょうね。それなりに考えて行動されてるなら間違いなんてないとは思いますけど(^^)


2006/09/22(金) 01:45:36 | |miyo #[ 編集]

miyoさん

そう、大人の女は経済力があるので、ファッション業界も高い物を買わそうとしてるのかも知れません。
一種のマインドコントロールですねv-40
私も、昔から服は好きで、安物をドッサリ買い込んではクローゼットに入りきらないぐらい保管してました。
安物なので、流行が終わると惜しげなく捨てちゃったりしてましたが、
(ネットが普及する前でしたので、フリマに出してリサイクルするとか、
寄付するなどという考えまで回らなかったです・・・汗)
一点豪華主義で、時計やバッグだけは奮発してブランド品を持ってました。
今は私も、全身で一万円もいかないコーディネートですよ(笑)
「∞SAKAおばちゃんROCK」って、素敵な歌ですね!?
本当のおしゃれ上手さんは、安物でもカッコ良く着こなすっていいますから♪

miyoさんも、動物の皮で作られた製品は買わないのですね。
動物を慈しむ気持ちを忘れないでいて下さる方がいらっしゃると、心強くて嬉しいです。
そして、牛皮は一生大切にお使いになるのですね。
私も、動物愛護に目覚める前に買った牛皮のブーツやバッグがあり、
アニマルライツセンターに送付しようと交渉してみたのですが、「もう少々お待ちください」と言われ、なぜかそのまま連絡が来ませんでした。
よく調べたら、リアルファーの寄付を募っていたのは、キャンペーンの為だそうで、皮革製品は特に必要なかったみたいですね。
捨てるのも動物に対して、しのびないですし、まだ部屋に保管してありますが。

>それなりに考えて行動されてるなら間違いなんてないとは思いますけど(^^)

そうですね、動物の痛みを忘れない心と、自ら動物製品を新たに購入するという行為をしなければ、人それぞれいろんな考えがあってもいいと思います♪
お答えありがとうございました。参考になりました。
2006/09/22(金) 17:41:10 | |桃ふくろう #[ 編集]

はじめまして。miyoさんのところから飛んできました。
私はまだ20代ですが、今まだかつて全くといってイイほど
ブランド品に興味持ったことってないですよ~。
もちろん、洋服やアクセサリーをみて可愛い♪と感じる感性はありますが、
それを身につければ自分が格好良くなるとか、ハクがつくとかいう
発想は浮かびませんし、これから先もきっと無いと思います。

むしろ、年齢を重ねるごとに、内面的にも外見的にも
無駄なものを削ぎ落として、シンプルに暮らす生き方が理想です。

「元」ご友人の言葉、
「若いうちは、肌も綺麗だし”若い”ということだけで武器になるけれど、肌も衰えてきだしたら、着る物や宝飾品でハクをつけるしかない」

これって、「自分は肉体以外に何も誇れるものが無い、空っぽな人間だ」って、
言っているように私には聞こえます。ご本人は自覚なさってないかも知れませんが。。
内側が充実してて輝いてる人は、着飾らなくても、周囲の人を魅了する力を持っているのに。。

若い時には何着ても大抵似合うし、その分お洒落も楽しくて、
外見にばかり気が向くのも仕方ない面もありますが、
いつまで経っても、「いかに人に良く見られるか」ばかりに関心が行っている人を見ると
精神面が成熟していない人なんだな・・・という印象を受けます。
私だったら、死体ぶら下げて鼻高々になるためにお金使うより、
人知れず苦しい思いをしている命のために、寄付する方を選びます。
その方が人の有り方として、何倍も「高級」だと信じているから。



2006/09/30(土) 03:42:05 | |posico #[ 編集]

posicoさん

はじめまして&いらっしゃいませ!コメントありがとうございます。

posicoさんは、まだお若いのに、しっかりとご自分というものを
持ってらっしゃって、お知り合いになれて本当に嬉しいです(^^)
ほんと、20代前半をターゲットとしたファッション雑誌すら
ブランド品のオンパレードですし、ブランド品を持てば
自分が1クラス上の女になったような錯覚に陥る人も多いのではないでしょうか。

「年齢を重ねるごとに、無駄なものを削ぎ落としてシンプルに暮らす生き方が理想・・・」
私も正にその通りです!!大枚はたいて、高価な物を持ったって、
もう自分は満足できないだろうな~と思います。
本人が満足してなければ、いくら高価だって何の価値もないですよね。

おっしゃる通り、内面が充実してる人は、宝飾品で飾り立てなくても
周囲の人を魅了する力があると思います。
極端な例かも知れませんが、ナイチンゲールやマザー・テレサだって質素な格好ですが、彼女たちを見て「貧乏くさい」って言う人はいませんよね。

>いつまで経っても、「いかに人に良く見られるか」ばかりに関心が行っている人を見ると
>精神面が成熟していない人なんだな・・・という印象を受けます。

私もそう思います。年を重ねるほど、本当に必要な物や大切な物を取捨選択できるような人間になりたいですが(まだ私も未熟ですが)、目先だけの虚栄心より自分が本当に納得できるシンプルライフの方に魅力を感じてしまう今日この頃です。

>人知れず苦しい思いをしている命のために、寄付する方を選びます。
>その方が人の有り方として、何倍も「高級」だと信じているから。

素敵です!ほんと・・・やたらめったら「セレブ」とか「高級志向」っていう言葉が使われすぎてる昨今ですが、持ってる高級車の数だとか、宝石だとか、ただリッチなだけでしょ?って思わせる人も少なくないですよね。。
自分が楽しい生活を送っていて、人知れず苦しい思いをしている命のことまでは、なかなか人は考えない。
死んだら、あの世にはお金も宝石も持って行けないんだから、せめて魂だけでも磨いて行きたいですよね。
2006/09/30(土) 14:01:17 | |桃ふくろう #[ 編集]

だいぶ前から桃ふくろうさんの所はのぞきに来させていただいてて、
バイトの余裕なんかがあると、フードなんかの送り先を探させていただきにきています
いつも情報ありがとうございます。

私もいい年ですが、洋服には興味ないし、お金かける必要があるのは、世界の子供や、人間の都合でご飯の食べれないにゃんこわんこに、少しでもと思っています。

mixiの方にもいらっしゃるというのを読んで、つい投稿しました。
mixiかどこかでお会いできて、お話しできたら楽しいですね。
そんな日もいつかあるかと、楽しみに日々を送りたいと思います。

洋服なんてちゃんと洗ってあれば、毎日同じ物でもいい、とマザーテレサが言ってました。

また遊びにきちゃいますのでよろしくお願いします。
2006/10/30(月) 17:05:51 | |konpa #[ 編集]

konpaさん、コメントありがとうございます!
返信が大変遅くなりまして申し訳ございません!!
お人違いでなければ、以前、私が本館HPの方で実施した「ぼきんニャンケート」に、ご参加されたことのある方かとお見受けいたしますが・・・
もしそうでいらっしゃいましたら、その節もご協力いただきましたことをお礼申し上げます。

バイト代でフードをご寄付されていらっしゃるのですか。
ありがとうございます!!こうした一人一人の力が、きっと大きな実を結ぶであろうことをいつも願っております。

>お金かける必要があるのは、世界の子供や、人間の都合でご飯の食べれないにゃんこわんこに、少しでもと思っています。

このような素敵なお考えをお持ちの方と出会えるだけで、私も励みと喜びになります。
自分以外の者に施したお金って、いつか巡りめぐって自分の元に返ってくるんだそうです。
konpaさんの優しいお気持ちも、きっと何らかの形で恩返しされてると思いますよ♪

さすがマザー・テレサの言葉は説得力がありますね。
私も、服や装飾品に高価な金額をかけたいと思えなくなってきました。
高い物であればあるほど、どうしても動物の犠牲の元に作られた物ですから。

mixiの方にもご登録されていらっしゃるのですか?
思わず検索してしまいましたが、もし同じハンドルでご登録されてまして、私の足跡が残ってましたら、踏み逃げすみません(^^;
いつでもマイミク登録は大歓迎ですので、お時間のある時にでも遊びにいらして下さいませv-290
2006/11/05(日) 16:09:47 | |桃ふくろう #[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。