募金日記

自分のできる範囲で動物達の力になれることがあればやっていきたいです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日、都内某電車内で、大きなゴールデンレトリバーのような犬が、60代ぐらいのご夫婦に連れられて乗ってきました。

通常、電車にあのような大きな犬を乗せられるはずはないですし、そのお二人は白い杖など持っていなかったので、多分聴導犬か介助犬かな?と思ったのですが、どうなんでしょうね。
多分、何らかの補助を必要とされる方のための犬かと思ったのですが・・・
あるいは、そういう訓練中の犬とか?

そのワンちゃんは、ご夫婦の指示を忠実に守っているようで、お二人の足元にうずくまるようにしておとなしく座っていたのですが、私の目の前にいた和服のオバサンが、じと~~っと絡みつくような視線で、自分が電車を降りるまで露骨にその犬とご夫婦を睨んでいました。

確かに、動物嫌いな人はいますし、電車の中にあのような大型犬を連れ込むのは非常識に思えるかも知れませんが、この場合どうなんだろう・・・と、ふと疑問に思ってしまいました。

聴導犬や盲導犬なら、それを必要とされている方々には公共の場でも必要なはずですが、電車に共に乗車するのも認められているのかな?
そこはちょっとよくわからないのですが・・・

だとしたら、あのような冷たい視線で睨み攻撃、ってちょっと悲しいなあと思ってしまいました。
スポンサーサイト
初めまして
桃ふくろうさん、こんにちは。動物実験や毛皮問題について巡ってる間に辿り着きました。うさぎと馬が大好きです。

ベジタリアンの理由には、頭が下がります。動物問題には以前から関心があったんですが、食肉問題はスルーしていたところがありました。画像は数点見たのですが、とても怖いです・・・。勇気がなくてすみません。ところで、ベジタリアン生活はそんなに体調がいいんですか。私は卵が大好きなので、完全なベジタリアンになるには時間が掛かりそうですが、なるべく肉や魚を摂らない食生活を心掛けようかと思いました。

うちの母は馬が嫌いです。私が馬に乗り始めた時もいい顔はしませんでした。理由は母が子供の頃、家の側に屠殺場がありました。母は日々殺される馬の悲痛な声を聞いていました。しかも、そこで働く人が悲しそうに「馬は殺される時、涙を流すんだよ」と言っていたそうです。この話が頭から離れません。乗馬・競馬なども動物愛護の面で批判にされることが多いです。馬との関わり方については、もっと私自身の勉強が必要だと思っています。

画像も見れずに言うのは図々しいかもしれませんが、動物実験や毛皮問題には反対です。以前の私は、こういった運動は当事者を失業に追い込むのでは? と思っていましたが、動物の犠牲なくては人間が生きられないなんて事はありません。これからも考えて、実行に移して行きたいです。

長文失礼致しました。また寄らせて頂きます。
2006/12/24(日) 21:52:39 | |つくまる #[ 編集]

つくまるさん

はじめまして!コメントありがとうございます(^^)
うさぎと馬が大好きなんですね~、私も好きです!
動物って皆、可愛いですよね。

毛皮や動物実験には反対でも、食肉問題は、多くの人が「食べ物だけは別」って言ってスルーしている傾向がありますね。
私も、ネットでいろいろ調べるまでは何も考えずに食べてました・・・
画像は、無理してご覧にならなくて良いですよ^^
でも、畜産動物達の悲惨な状況をご理解して下さった、つくまるさんのお気持ちは嬉しいです。

ベジタリアン生活は、快調ですよv-238
私も、完全なビーガンではないので、卵やマヨネーズを食べることもありますが、肉や魚を摂らないと、肌も調子いいですし、便秘しないし、なんたってトイレの後匂わないんですよ~(笑
栄養の点から見ても、動物性たんぱくより植物性たんぱくの方が体も酸化しにくいし、いいそうです。

こういうブログを運営していますと「私は植物が好きなので、ベジタリアンが許せません。植物も同じ命なのに!」って突っかかってくる人もいますが、「じゃあ、あなたは植物のために何をしていますか?」って聞いたら、本心では植物のことなど何も考えてないんですよね、そういう方って・・・
要は自分の美味しい食生活を非難されてるように感じるらしく、こういう記事を見ると頭に来るみたいです。

馬も涙を流すんですか!?
私も、牛が涙を流している写真を見てから肉をやめようと思ったのですが、やはり死ぬ前に恐怖や悲しみを感じるのは、どの生き物も一緒ですね・・・
乗馬や競馬も、動物側から見れば決して居心地のいいものではないでしょうね。
私も、イルカのショーなどを見る度、可愛いと思う反面、ちょっぴり切なくなります。

おっしゃる通り、動物の犠牲なくして人間が生活できないなんてことはないですよね。
生きるために「仕方ない」と言ってしまえば、それで全て「何も見なくても、考えなくてもいい」ってことになってしまうので、動物より高い知能を持つ我々が、もっと考えるべきことはたくさんあると思います。

また遊びにいらして下さいね。
2006/12/25(月) 08:35:58 | |桃ふくろう #[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。