募金日記

自分のできる範囲で動物達の力になれることがあればやっていきたいです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジェニファー・ロペス VS ポール・マッカートニー妻(BARKS)

ポール・マッカートニーの妻で現在、動物愛護運動家として活動するへザー・ミルズ・マッカートニーが、毛皮反対を訴えジェニファー・ロペスのNYのオフィスを訪問。警備員に追い出され、義足が外れかけるというハプニングが起きた。へザーは'93年、交通事故で片足を失って以来、義足を付けている。

ジェニファー・ロペスは、自身のファッション・ブランドSweet Faceで本物の毛皮を使用。へザーはこれに抗議し、皮を剥ぐため動物が殺されるところを撮影したDVDをロペスへ届けにきた。しかしながら、彼女はその場にいた警備員から「ここから失せろ、招かれざる客だ」とまくし追い立てられ、膝から下の義足が外れかけたという。

目撃者のカメラマンは英タブロイド紙にこう話している。「(へザーは)膝を触って痛がってたよ。足をひきずってトイレに向かったら、鍵がかかってた。でも警備員が鍵を外すのを拒否したから、彼女は階段の踊場で義足を付け直さなきゃならなかったんだ」

へザーが支援する動物保護団体People For The Ethical Treatmentのスポークスマンは、ロペスがターゲットとなった理由をこう説明している。「J-Loは最近のインタヴューで“毛皮について誰かわたしを教育したいなら、そうしなさい”って話しています。だから、へザーはそうしたのです。我々は何年もかけて、J-Loを説得しようとしてきました。最初は優しく穏やかに。そして、いまはこのように」

このハプニングに懲りることのないへザーは「次は、彼女(ロペス)がどこに住んでいるかを突き止め、そこを訪ねるわ。それにプレミアでも彼女を捕まえるつもりよ」と意気込んでいる。(BARKSより引用)


まったくねえ・・・動物愛護家の主張は、とかく「過激だ」とか「妄想狂だ」とか言われがちですが、こうでもして誰かが立ち上がらないと、動物達の犠牲は減らないですし。
まあ今回の騒動はロペス本人の対応じゃなくて、警備員が悪いんでしょうけど。

以前にもロペスに動物愛護団体が直訴する騒ぎがあり、彼女のプロモーション・イベントに現れて動物から毛皮をはくビデオを流すなどしたらしいのですが、こちらもロペスは無視。
今度は、出演したラジオ番組の司会者に「キツネが毛をはがされる際には生きたまま剥がれ、チンチラの場合は感電死させる」といった詳細を聞かされてロペスは絶句したらしいのですが、それは「毛皮が作られる工程を知って愕然とした」わけではなく、「答えを用意してなかったから」言葉に詰まっただけにすぎなかったとか。
詳細の記事はこちら

これだけの情報を聞き、ビデオを流されても、なおも何も感じずに毛皮ブランドを続行し続けていられる人がいるとは本当に不思議。
日本の神田うのも、「動物愛護団体が毛皮に抗議していたのは100年も前の話。これからはリアルファーの時代よ」などと言いながら、自分のプロデュースしているブランドをアピールしていたらしいのですが。
どんなにキレイでお金を持っていたとしても・・・愛とか優しさを感じないセレブには憧れません。

彼女たちは、ステーキやハンバーガーを食べるのと同じで、動物達から毛皮を剥ぐことも「人間にとって必要なこと」と思っているかも知れませんが・・・何も感じない人は、とことん何も考えないままなのかなと思います。
それはもう、他人がどうこう言って直せるものじゃないのかな。
動物達にとっては、たまった話じゃないですけどね。

動物愛護団体petaが、ロペスバッシングのために立ち上げたサイトです。
スポンサーサイト
テーマ:動物愛護 - ジャンル:ペット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。