募金日記

自分のできる範囲で動物達の力になれることがあればやっていきたいです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【フィリピン】牛丼大食い競争、吉野家が販売拡大狙う

牛丼チェーンの吉野家が、販売促進活動の一環として、大食い競争を実施している。参加者は国内5つの店鋪で毎日行われている予選を勝ち抜き、来月末に大型ショッピングモールで開催される優勝賞金5万ペソをかけた決勝大会にのぞむ。

 フィリピンの店鋪運営を手掛ける吉野家センチュリー・パシフィックのレストラン・マネジャー、ジュリエテス・クルス氏は26日、NNAの取材に応じ、国内の5つの店鋪で今月18日から来月23日まで毎日予選を実施し各店鋪で週ごとに1人づつ勝者を選出した上で、来月28日にマニラ首都圏マンダルヨン市のSMメガモールで開催される決勝大会で優勝者を決定すると説明した。上位3人にはそれぞれ5万ペソ、3万ペソ、1万ペソの賞金が与えられる。
 
 ルールは、20分間で何杯の並盛り牛丼を平らげられるか。NNAの調べでは、第1週目(1月18~20日)の記録はSMメガモール店で6.15杯、マカティ市のパークスクエア1店で5.3杯となっている。参加費は1回につき150ペソで、18歳以上であれば誰でも何回でも挑戦できる。
 
 クルス氏は、競合各社との競争が激化している状況を認めた上で、初めての試みとなる今回の催しを販売拡大につなげたい意向を見せ、多くの人が参加することへの期待を示し「日本人も歓迎する」と述べている。



商売販促のための牛丼の大食い・・・
牛が屠殺前に涙を流す写真を見てベジタリアンになった私としては、なんともやりきれない思いです。
こんな人間の食道楽イベントのために、涙を流して死んでいったんじゃないよね。

大体、肉に限らずとも「大食い大会」っていう番組自体に疑問を感じる今日この頃です。
世界には飢えで死んでいく人々が大勢います。
なのに、ただひたすら「胃にどれだけ食べ物を詰め込めるか」で競い合うだけの企画。
食べ物の無駄使い以外の何ものでもないのでは?
広告効果を狙うなら、他の手段を考えてほしいです。

お正月には、さんまさんの番組だったか、「あなたの夢を叶えます」っていう企画で、「自らクレープの中に巻かれて、ひたすらクレープを食べ尽くしたい!!」っていう女子高生の願いをスタッフが本当に叶えてしまいました。

女子高生二人をスッポリくるんでしまうクレープなんですから、もちろん材料もハンパじゃありません。
卵数百個、小麦粉数十キロ、牛乳ン百リットル・・・とか、とてつもない単位だったと記憶しています。

できあがったクレープにその女子高生たちは、全身タイツ姿で巻かれながら、おいしそうにムシャムシャ食べていましたが・・・
その子達がクレープの中に入っちゃってるんだから、不衛生ですし他の人が食べられないと思うのですが。
抗議の電話が来たら「スタッフがちゃんと平らげましたから」って言うのかしら?
アフリカに行ってクレープ作って、子供達に配るとかいう企画なら素敵なんですけどね~。

聞いた話によると、ドッキリ番組でのパイ投げなど、食べ物を粗末にしていると思われる企画にはクレームがつくため、以後テレビでそれをやる際に、パイ投げのパイは「シェービングクリームです」って説明するようになったとか?
もっと食べ物のありがたみを考えてほしいです。

ちなみに「家畜一頭を育てるのに消費される穀物の量」は、
出荷時の体重で 牛(700kg) 豚(100kg) 鶏(2,8kg)

そして「1kg体重を増やすために必要な穀物の量」
牛(10kg) 豚(4kg) 鶏(2kg)

「出荷時点での穀物消費量」
牛(7000kg) 豚(400kg) 鶏(5,6kg)

これらの穀物で、どれだけの飢餓難民を救えるでしょうか。
畜産動物をなぜ自然の牧草で育てないかというと、出荷されるまでの基準体重が規定に達するためには、穀物でないと時間が二倍かかってしまうからなのだそうです。
(牧草で育てた場合は約4年、穀物で育てた場合は約2年)

そうなると、畜産業界にとっては時間とコストの無駄ですので、効率のいい穀物で育てているというわけです。
つまり、先進国の人間が肉を消費すればするほど、その穀物は飢えた人々に行き届かずに家畜の餌となってしまうのです。

あらゆる命の無駄を考えても、肉を減らすことの有意義さ、そして大食い大会という企画の無意味さがわかります。
スポンサーサイト
昨日
黒毛牛が逃走したの、ニュースを見ました。
「麻酔を使うと食べられなくなるから撃つな」
という、飼い主のセリフで、ものすごく切なくなりました…。
大食い大会を見ても、きれいに食べ尽くすのはまだしも(無駄でいやだけど)、無理にかき込んで、たくさんこぼして…
具合悪くなります。
日本て、本当に裕福すぎて、いろんなことがマヒして大切な物を見落としすぎてる国だと思います…。
2007/02/02(金) 15:11:22 | |konpa #[ 編集]

吉野家もそうですが、サイドメニューのポテトよりメインのハンバーガーがなぜか安いマックなどは商売販促しか考えがないんでしょうね。うんざりします。

実は、先日彼氏の付き合いで吉野家に連れて行かれてしまいましたv-12大反対したんですけどね。
私は注文もしたくなかったのですがしょうがなく、肉がなるべく入っていないカレーを食べましたけど、牛丼が解禁だー!と有り難がっている彼を見てちょっと嫌になりました(笑)
これが価値観の違いってやつなんだと。
ちょっとグチでした
2007/02/02(金) 16:06:19 | |蓮 #[ 編集]


konpaさん
畜産動物がたまに逃走するの、ニュースでやっていますよね。
私が昔見た映像では、道の途中で転んで足をすりむき、血だらけになった牛が、取り囲まれた人間たちを前に諦めの表情で呆然と遠くを見つめていた、というシーンでした。
すごく切なくなりました。

黒毛牛が逃走した時に、「麻酔を使うと食べられなくなるから」なんて飼い主が言っていたんですか・・・
その牛の悲しみや恐怖も何も関係なく、商品としてしか見られていないっていうのが、とても悲しいですね。

大食い大会での、無理矢理にかき込む映像は本当に気分が悪くなりますね。
あんなことで競って、どうするのかと思います。
先進国は裕福すぎて、食べ物のありがたみなんてどこかいっちゃってるんでしょうかね。
2007/02/02(金) 21:39:29 | |桃ふくろう #[ 編集]

蓮さん
そういえばそうですね!ポテトよりハンバーガーの方が安いとは、なんとも奇妙な話です。
ほんと、「肉=おいしいもの、ごちそう」っていう認識ですからね。
多くの人にとっては・・・(肉をやめる前の自分もそうでした)

彼氏さんのお付き合いで、吉野家に行ったんですか。
ベジタリアンにとっては、地獄の責め苦ですよね(^^;
価値観の違い・・・ 相手にとっては悪気がなくとも、たまにウンザリすることがありますよね。
私も以前、友達と食事する際に「今日はベジメニューのお店に行ってみない?」と誘ったところ、「いいけど、帰り道に養鶏場とか襲って肉食いまくるからね!」とキツイ冗談で返されました(笑
やっぱ「人間様の美味しい欲望を満たしてくれる物質」としか思われていないようです。
2007/02/02(金) 21:40:06 | |桃ふくろう #[ 編集]

私も大食い番組が大嫌いです。
おばさんなので(笑)今に罰が当たるんじゃないかと
思ってしまいます。
牛の逃走のニュースも本当に切なくなりました。
黒毛和牛って言ってたから。
食べられるために生まれてきたんだものね~(- -;
2007/02/19(月) 01:27:15 | |ハッチー #[ 編集]

ハッチーさん
レスが遅くなってしまって申し訳ございませんv-436
引越しのため、ネットが使えませんでした(>_<)

大食い番組、本当に罰当たりもんですよね!
競争なので、ひたすらかき込むために食べ方も美しくないですし・・・
その食べ物を、今日にでも餓死していく人達に分けてあげるべきだと思います。
牛さんも、食べられるためだけに生まされて、殺されて・・・
逃げるってことは、自らの運命がわかるんでしょうね。
こう書くと必ず、「植物も同じ命なのに!」とか言ってくる輩がいますが、地球温暖化の要因の最も大きな理由が、家畜のゲップであったり、牧場のための森林伐採、家畜の餌のための穀物の大量消費などを考えると、そこまで肉は必要ではないはずだ、と思ってしまいます。
2007/02/23(金) 10:53:42 | |桃ふくろう #[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。