募金日記

自分のできる範囲で動物達の力になれることがあればやっていきたいです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
女性なら、いつまでも若々しく綺麗な素肌でありたいというのは永遠の願いですが、ビタミンその他の栄養素をまんべんなくとることはもちろん、お肌のハリを保つコラーゲンやヒアルロン酸などの補給も大切なことです。

ヒアルロン酸は、眼球や間接など、元々生き物の体内のあちこちに存在する物質で、様々な役割を果たしています。
お肌の水分を維持するのもこのヒアルロン酸の役割なのですが、動物実験にうとかった頃は普通に製造会社のブランドも見ずにヒアルロン酸の原液を買っていました。

しかし、動物愛護の気持ちで動物由来の製品を排除していこうと決意してからは、ヒアルロン酸の原料が何であるかを確認したいと思いました。
その原料には「鶏のトサカなどから抽出される、動物由来成分」と「乳酸菌などから培養するバイオ製法」によるものがあるそうです。

市販の大手化粧品メーカーなどから発売されるお手頃価格のヒアルロン酸美容液は、大体後者のバイオ製法なのだそうで、私が使っていた物も多分そうなのかも知れません(知らないで使っていたのかい^^;)。

いつも安物買いなので、動物由来の商品を使っていなかったことには感謝。
それは嬉しいのですが、動物由来成分と、バイオ製法で作られたヒアルロン酸には賛否両論唱える見方があるようで、動物由来成分では水分保湿などの効果が薄いと言う説や、バイオ製法ではストレプトコッカス(溶血性連鎖球菌)などの菌を使っていることにより、体への悪影響が懸念されるという声もあります。

もう3年以上、市販の得体の知れないヒアルロン酸美容液を使っておりますが、特にお肌や体へのトラブルはありませんし、むしろ肌の調子はいいです。
長年使っていれば、どのようなトラブルがあるのかわからないのですが・・・
遺伝子組み換え商品などが敬遠されたり、バイオ技術を直接体内に取り入れることには抵抗の声も確かに多いです。

しかし専門的なことには無知かも知れませんが、一応動物由来の製品は使わないようにしていきたいと思います(もちろん動物実験をしていない会社の物で)

バイオ製法のヒアルロン酸の方が保湿力に優れているとされている商品

バイオ製法の危険性を唱えるサイト
スポンサーサイト
テーマ:動物愛護 - ジャンル:ペット
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://momofukurou.blog19.fc2.com/tb.php/3-943d2143
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。