募金日記

自分のできる範囲で動物達の力になれることがあればやっていきたいです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自分の持ち物を調べてみた結果、幸いリアルファーは持っていなかったのですが、革製品は持っていました。
まだ動物製品について無頓着だった頃に手に入れた物、その一つがこの革のコートです。


革製品は、毛皮製品と違って「生きたままの動物から皮を剥ぎ取る」のではなく、食肉として使用された動物の死体から作っているそうです。
毛皮みたいに残酷ではないにせよ、もう今後は買う気はしないですし、身につけるのも躊躇します。
ウエストシェイプじゃないデザインが欲しかったので、メンズのSにしたのですが、今はデザイン的にも気に入ってないので、死蔵しておくよりは、何かの役に立てればいいかなと思いました。

最初はフリマで売り、それで得たお金を動物保護団体に寄付することを考えたのですが、それだと結局アニマル製品を支持する人達の物欲を満たしてしまうことになるので、「それもちょっとな~」と思いとどまり、こちらのアフガニスタンからのレポートというサイトがあることを知りました。
厳しい内線から逃れ、極寒の中、着の身着のままで暮らす彼らに、衣料品や毛布などの寄付ができます。

物資の受付期間は限られていて(現地での保管場所も少ないため)、今回の募集は今日12/1~12/12までだそうです。
しかし何でも送って良いというわけではなく、習慣や民族意識の違いで身につけられない物もあります。

豚の皮製品はダメ、人や動物のキャラクターが描かれている服などはダメ(イスラムの戒律で、エンジェルが来ないと言われているそうです)、ズボンはダメ、マフラーよりも毛糸の帽子の方が喜ばれる・・・など。
細かく書いてありますので、よろしければサイトの方をご参照ください。

豚の皮がダメだということですが、この革のコートは牛革だったはず。
それも嫌がられないかしら。
イスラム教では「牛は神聖なもの」として扱われていたような記憶もあるのですが・・・
送っても使って貰えなくてゴミ箱行きだったら悲しいですし(T_T)
かなり温かいので、カイロや暖房器具なども充実してないアフガンの人々に使ってもらいたいなあ。
失われた動物の命も、せめてこうして誰かの命を助ける為に引き継いで行って貰いたいですし、かつ、新たな犠牲をなくしたいです。
元はといえば、このコートだって人間のオシャレの為に作られたものですし。

国内への寄付でしたら、東京善意銀行というものもあるそうです。
各社会福祉施設に送付されます。

皆様も、アニマル製品や着なくなった衣類などございましたら、上記のサイトに寄付されてみるのはいかがでしょうか。
スポンサーサイト
テーマ:動物愛護 - ジャンル:ペット
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://momofukurou.blog19.fc2.com/tb.php/35-61052b1b
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。