募金日記

自分のできる範囲で動物達の力になれることがあればやっていきたいです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本館のホームページの方で実地している書き込み募金が、先日、目標額に達成しましたので、静岡の公共施設で地域猫活動をされているハッチーのホームページ様および手作りこまの雑貨やさん様の方に寄付させていただきました。
(複数でご活動されているので、代表窓口への募金です)
bokin.jpg


書き込み募金とは、指定の掲示板に書き込んでいただくだけで、無料で1円の募金ができるシステムです。
つまり、私が皆様のカキコ分を自腹で募金するというものです。
募金は動物保護サイト様を対象としており、地域猫の避妊手術費や病気の治療費としてカンパしております。

現在は「書き込み募金」はお休みし、指定のボタンをクリックしていただくだけで募金ができるという「クリック募金」を開催しております。
クリック募金では、地域猫活動をされているサイト様にキャットフードなどの物資をカンパしております。

他にも、このように自腹で管理人が募金する「フリー募金」を行われているサイト様がいくつかあります。
私がフリー募金を始めた理由は、自分一人で募金するよりも、こういう形の方が忘れずに長く続けていけそうだと思ったことと、多くの方々にサイトを通して動物の色んな情報を見ていただきたいと思ったことがきっかけです。

毎回、募金額が達成する度に言いようのない感激でいっぱいです。
ご協力して下さっている皆様、いつも本当にありがとう・・・
スポンサーサイト
テーマ:動物愛護 - ジャンル:ペット
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2005/12/05(月) 22:11:49 | | #[ 編集]

ゆうこりんさん
記事拝見しました。ああいう関係者の方にはありがちな見解でしょうね。
私もブログの別館で、同じような記事を書いた時に、実験に携わっていたという方からコメントをいただき、「残念ながら、今は他の同僚に実験を任せていますが、実験そのものは否定しない。動物に対しての価値観は個人によってかなり見解が違うようです」とのことでした。
うちのブログでは親しくさせて頂いている常連の方でしたし、痛烈な反論というわけではなかったのですが、やはり「医学の発展の為には仕方ない」と考えている方が多いと思います。
何か感じてたら、ああいうお仕事には従事できないのかも知れませんね。
私は専門家ではないので、あまり断定的なことも言えないのですが、実験に使用される動物のデータを、人間にそのまま応用することの疑問性は出ています。
せっかくのクローン技術を開発できた人間なのだから、臓器の一部だけでも複製して、医薬品の実験に用いることなんてできないんでしょうかね?
臓器移植に関しても、拒絶反応などの面からも、本人の物を用いるのが一番ですし、倫理面だけが問われていますが、そういった部分でもクローン技術が生かされて欲しいと思います。勉強不足なので、まだその辺もよくわからないのですが・・・最も適切な方法ではないでしょうか。
2005/12/06(火) 10:30:59 | |momofukurou #[ 編集]

そうですね。いろんな見解はあって当然かもとも思うのです。でも、少しでも改善をして頂けないかと思う毎日です。
ウチのブログにコメントをいただけた方からのものですが「実際動物実験をしている人からも話を聞いたのですが、本人も何のためだか説明出来ないようでした。」とのこと。根拠のないことをしている自分に疑問を持たないのかな?とも感じます。

ここまでのスレ違いのコメント、申し訳ありませんでした。お詫び致します。

さて、「クリック募金」についてですが、とても素敵な取り組みだと思います。
「寄付」などだとひるんんでしまうことも多いですが、この方法はいいですね。
こういう、ちょっとしたことから動物たちを救う運動が広がればいいんですが。


2005/12/06(火) 13:03:58 | |ゆうこりん #[ 編集]

ゆうこりんさん
本当にそう思います。せめて動物に苦痛のないようにしてもらいたいです。
動物の生き地獄の上に、人間だけが助かっていいものかと・・・
人間だって、手術の際など少しでも麻酔の効きが悪かったら
めちゃくちゃ恐怖じゃないですか?それを平気で麻酔無しで動物に・・・
どんなに痛かっただろう、苦しかっただろう・・・と胸が痛くなります。
実験を肯定する方はそれも「動物への感謝」の一言で片づけるんでしょうけど。
何とか改善してもらいたいです。
本人も何のために実験をしているか説明できないとのことですが、心を捨てて「実験道具」としか見ていないので、疑問もないままに完全に麻痺してしまってるのかも知れませんね。

>クリック募金
動物のことを考えていても、寄付などは実際に行うと手間もかかりますし、多忙な日々の中、忘れてしまうことも多いと思いますが、フリー募金にすることで、誰でも気軽にボランティアに参加できますし、毎日クリックしていただくことで、頭の片隅にでも動物のことを常に留めておいてもらえればと願います。
小学生や中学生の方から「寄付するお金がないけどこういう形で募金できるのが嬉しい」とメールを頂いた時は、本当に嬉しかったですね。
2005/12/06(火) 13:29:36 | |momofukurou #[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://momofukurou.blog19.fc2.com/tb.php/37-9408826d
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。