募金日記

自分のできる範囲で動物達の力になれることがあればやっていきたいです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
囮捜査で、猫大活躍!!

【ニューヨーク支局】 ニューヨーク・ブルックリン育ちで生後8カ月の雄猫、フレッドが米ニューヨーク検察当局のおとり捜査で偽獣医摘発に貢献。8日、記者会見でその雄姿を見せた。
フレッドは野良猫だったが、同局の女性検事補に拾われた。
無資格で獣医の仕事をしている大学生の男(28)の捜査をしていた同局は、フレッドを「おとり捜査官」に“任命”。同検事補がカメラを仕掛けた部屋で男に去勢手術を依頼し、男がフレッドと手術費、135ドルを受け取って部屋を出たところで逮捕した。捜査官の青いバッジを首に、さっそうと会見に出たフレッドだが、同検事補によると「のんびりした性格」だという。(毎日新聞)

グッジョブ、フレッド!!
しかし、無資格で動物に医療行為・・・一歩間違ったら大変なことになってしまうので、本当に逮捕されて良かったです。
可愛い捜査官の青い首輪をしたフレッドの写真はこちら

ところで、猫ちゃんといえば福岡市からこんな情報が。

福岡市にある公園に、20匹ほどの野良猫がいて、
ボランティアさん達が不妊手術をしながら管理をされてきました。

しかし、近所の苦情が出て、区の方から餌やり禁止の張り紙が出されてしまいました。
そのせいで、今まで公園で暮らしていた猫達は餌を求めて、住宅地に流れ込むようになってしまったとのことです。
そうなれば空腹の猫達は余計にゴミを食い荒らしたり、住宅地の庭に糞をしたりなどの被害が容易に予想できます。
そしてまた猫たちは、住民から怒りをかい、虐待などの可能性も考えられます。
以前より、公園に置いてあった猫用飼育箱が、嫌がらせのように放り投げられていたりすることがあったようなので・・・心配です。

誰にだって、嫌いなものぐらいあるのは仕方のないことです。
しかし、野生動物がそれほどまでに目障りだという方は、この世の中から目障りな生き物を全て排除すれば気が済むのでしょうか・・・
地球は人間だけのものではないのに。
我々人間の都合だけで、動物の陣地を奪い、動物の生きる権利まで奪っているのに。
自然と共存し、地域猫活動を認めてもらいたいです。
きちんと避妊手術をして猫を増やさないようにし、餌をあげながらも
2~3年という野良猫の短い生涯を見守ることは、結果的には猫嫌いにとって、迷惑な猫を減らすことになるのだということをわかっていただきたい。

というわけで、福岡市の方にメールを送るのにご協力お願いいたします!
(2/14、私も送信済み)
詳細は島猫たちの叫び様をご覧下さい。





大阪市運営の譲渡施設で一時収容されている猫ちゃん達ですが、3月いっぱいで処分されることが決まってしまったそうです!
とても可愛い子達です、ペットを飼いたいと思っていらっしゃる方はぜひご検討ください。
また、できるだけ多くの人に呼びかけたいので、ホームページやブログをお持ちの方は、ぜひリンクをお願いいたします。
キャリーバッグなどのご寄付も募られています。



スポンサーサイト
テーマ:野良猫と地域猫 - ジャンル:ペット
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。